オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年8月)ホテルコンドミニアムを手に入れるチャンス。

サチ・ブレーデンの画像

サチ・ブレーデン/ Sachi Braden

ゲストサチ・ブレーデン/ Sachi Braden

大阪出身。パンアメリカン航空の客室乗務員を経て1989年からハワイ不動産業界に入り。アメリカ最大級の不動産会社『コールドウエル・バンカー社』にて、バイスプレジデント、プレビュー最高級物件スペシャリストならびにナンバー1のトップエージェントに。1998年から3年連続4回、同社の栄誉あるトッププロデューサーに選ばれる。2003年12月『サチハワイ・パシフィックセンチュリー総合不動産会社』を設立。ハワイ州不動産売上額評価のトップ1%の上位に連続11年ランクイン。2017年優秀女性経営企業に贈られる『Largest Women-Owned Businesses』のベスト11位に選ばれる。ハワイ日本人企業会『日本クラブ』、中小企業家同友会ハワイ支部会員、カピオラニ病院理事(2015年,2016年)、ハワイキタワー理事、日米協会理事、ハワイシニアクラブ会員。趣味は音楽、演劇鑑賞。2017年9月『サチ・ブレーデンのアメリカで生きる日本人女性』を執筆。

株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

これもコロナの影響? ハワイでは、物件を見ないで買うケースが増えているそうです。特に注目は、有名ホテルコンドミニアム。その理由は…。オープンハウスのグループ会社「サチハワイ総合不動産会社」代表取締役のサチ・ブレーデンに、当社副社長・鎌田和彦が直撃インタビューしました!

ホテルコンドミニアムを手に入れるチャンス

kamata
鎌田

サチさん、気持ちよさそうな風が吹いていますね。

sachi
サチ


自宅のオープンスペースなんです。いつもここで本を読んだり、コーヒーを飲んだりして過ごしています。海までは歩いて5分で、最近、スタンドアップパドルボードも始めました。ハワイの素晴らしさというのは、やはり実際に住んでみるとよくわかりますよ。

kamata
鎌田

ハリケーンが心配だというニュースもありましたが。

sachi
サチ

ハワイにハリケーンが上陸することはほとんどないんですが、先日のハリケーン・ダグラスは上陸するのではと心配されました。でも結果的に直撃することはなくて、ダメージはまったくなかったです。

kamata
鎌田

それはよかった。一方でコロナの状況はいかがですか。

sachi
サチ

米本土ほどではないですが、陽性者が増えて少し心配です。バーやレストランが客席を減らして再開したばかりだったのに、もしかしたら再びクローズするかもしれません。多くの人はルールを守って不要な外出は控えているのですが、若い人はどうしても外で遊びたがりますし、エスニック系の方たちは大家族で暮らす傾向にあるので感染しやすいですね。

kamata
鎌田

仕方のない面もあるんですね。とはいえ、ハワイ全体のビジネスにとっては逆風でしょう。

A6600943

sachi
サチ

そうなんです。店舗を借りてビジネスをしている人の約10%が家賃を払えず、25%が一部しか払えていないそうです。ホテルも、カルナ・ヒルトンの稼働率は20%ほどで、従業員を元通りには雇いきれていません。

kamata
鎌田

厳しい生活を強いられている人が増えていると。

sachi
サチ

米国人はあまり貯金をしませんから、自転車操業の生活を強いられている人が多いですね。失業率が上昇して、犯罪が増えているのは確かです。物騒だとか、治安が悪いとかまではいきませんが、懸念材料ではありますね。

kamata
鎌田

そうした状況だと、売り物件が増えているのではないでしょうか。

sachi
サチ

そうなんです。例えばトランプやリッツカールトンなどのホテルコンドミニアムのオーナーには日本人が多いのですが、稼働率が落ちているため収益が上がらないという声が上がっています。それなのに管理費は同じようにかかりますし、固定資産税もかかるわけです。そうした状況ですから、いっそ売ってしまおうか、という人が増えてくるでしょう。

kamata
鎌田

長い目で見ると、価格は下がってくると。

sachi
サチ

その意味で買い時なのは間違いないですね。特に家族と年に2、3回泊まりに来るとか、会社の保養施設として使うとか、そうした目的のためにハワイにホテルコンドミニアムを持ちたいという方には、とてもいいタイミングだと思います。

kamata
鎌田

ハワイの気持ちいい暮らしを楽しみたいという方には、いい買い物ができるわけですね。サチさんのお勧め物件は、ありますか。

sachi
サチ

今私がお預かりしている物件で特にお勧めなのが、ワイエアのコンドミニアムやアナハのコンドミニアムです。特にアナハの物件は眺めもいいですし、徹底的に手を入れてリフォームしてありますので、とてもきれいです。

ハワイ画像1

kamata
鎌田

確かにずいぶんお金と手間をかけてきれいにした印象ですね。これで2.6ミリオンダラーですか。

sachi
サチ

このクラスの物件ですと当たり外れがなく、バリューは定着していますね。

kamata
鎌田

これからテレワークが当たり前の時代になりますから米国本土からハワイに移住する人も増えるでしょうね。

sachi
サチ


ええ、今がハワイで暮らすチャンスと考えている人は多いです。住み心地を確かめるためにまずは賃貸で、というご相談の電話も増えました。もちろん日本の方も多く、コロナ後に備えて今から買う準備をしたいというご相談は多いです。

kamata
鎌田

とはいえ、今は気軽にハワイまで飛ぶわけにはいかないじゃないですか。物件を見ないで購入するケースもあるんですか。

sachi
サチ


ええ、サイト・アンシーン(Sight Unseen)といって、物件を見ないで買われる方は少なくありません。「シカゴに住んでいるけれど今は見に行くことができない。それでもハワイのことはよくわかるから、見ないでも平気」というお客さまもいらっしゃいました。こういうケースは珍しくないですよ。

kamata
鎌田

名の通っているホテルコンドミニアムなら、現地を見なくてもバリューがわかりますね。

sachi
サチ


ええ、特にトランプやリッツなどには注目です。海の近くに住んでサンセットを眺めながらビーチを歩くといった、ハワイならではの暮らしを手に入れたい方には、これからがお買い時だと思います。ぜひ注目していただきたいですね。

ハワイ画像2

※この対談は、2020年7月31日に日本とハワイを結んだWebミーティングで行われました。

注目物件
Anaha - 1108 Auahi #3508, 1108 Auahi Street, Honolulu, HI 96814

Trump Tower Waikiki

The Ritz-Carlton Residences

関連記事
UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年6月)リーマンショックvsコロナショック。

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年7月)フラクショナルシェアに注目!

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年9月)ロックダウンでも、素晴らしい物件をご紹介。

ハワイの不動産探しならオープンハウス
オープンハウスグループだからできる、ハワイ不動産の魅力

ハワイ不動産の物件はこちらから

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

お選びくださいませ。みなさまのご要望に合わせ