ダラス市は、テキサス州北部に位置する米国南部有数の大都市です。第11代副大統領ジョージ・ダラス氏にちなんで命名されました。古くから綿花の集積地として発展した都市ですが、20世紀初頭にテキサス州東部で発見された油田の開発による石油化学工業が経済を牽引し、近年は積極的な企業誘致により、情報産業、エレクトロニクス産業が経済を牽引しています。セブンイレブン発祥の地でもあり、1963年にケネディ大統領が暗殺された場所としても有名です。

全米平均を大きく上回る人口成長

1

全米平均を大きく上回る人口成長

テキサス州の人口はカリフォルニア州に次いで全米第2位です。国勢調査では、最も人口の増加スピードが速い15都市のうち半数がテキサス州の都市となっています。2010年から2015年までの5年間の全米人口増加率は3.6%ですが、テキサス州はそれを大幅に上回る9.2%の増加率を記録しています。

テキサス州のなかでも特に注目を集めるダラスは、人口規模では州内3番目の都市ですが、近郊のフォートワースを加えた「ダラス・フォートワース都市圏」で考えると、テキサス州最大の都市圏を形成しています。同都市圏の人口は700万人以上。全米でも5本の指に入る大都市圏です。

全米トップレベルの<br>住宅価格の上昇

2

全米トップレベルの
住宅価格の上昇

2012年から毎年、テキサス州ダラスの一戸建て価格の中央値は年間約8%の上昇をしています。一戸建て住宅価格の再販価格動向を示す「S&P ケース・シラー住宅価格指数」の推移は、景気の動向を表す指標の一つ。2008年のリーマンショックにより全米で不動産の価格が大幅に下落した際、テキサス州の不動産はそれほど価格が下落しませんでした。

その後2012年より全米の住宅価格指数は上昇していきますが、テキサス州の不動産価格は全米の上昇率を遥かに上回るペースでの上昇を見せております。テキサス州の中でも注目を浴びているダラス・フォートワース都市圏では、2012年から順調に上昇し、2016年時点で2007年と比べて約1.5倍になっています。

交通のアクセスが良い

3

交通のアクセスが良い

東西アメリカの中央に位置しているため、重要な交通の中継点となっています。

同州北部のダラス・フォートワース地域からトラックを走らせれば、48時間以内に国土の93%のエリアにアクセスできると言われています。飛行機なら西海岸にも東海岸にも4時間あればアクセス可能です。

また、日本JR東海も支援している北米初の新幹線計画が進んでおり、ダラスーヒューストン間をハイウェイで3.5時間かかる距離を、1.5時間で結び、大幅に移動時間を短縮されます。

法人税0で優良企業多数流入、雇用増加率第1位

4

法人税0で優良企業多数流入、雇用増加率第1位

テキサス州の経済を古くから支えているのは、エネルギー産業です。原油価格の世界的な指標である「WTI」がウェスト・テキサス・インターミディエイトの略であることからもわかるとおり、テキサス州は原油の一大産出地です。エクソンモービルやコノコフィリップスなどの石油メジャーも本拠地を置いています。この他テキサス・インスツルメンツやAT&Tといったハイテク系企業も本社を構えています。

またトヨタ自動車の北米本社の移転を始め、建機製造大手クボタの米販売子会社本社やパナソニックのデジタル拠点も
ダラスに拠点を開設しており、都市開発に伴い、製造業・サービス業・教育・専門職業・商業・交通分野など、幅広い分野で雇用も増加しています。

不動産価格と世帯収入との 乖離が大きすぎない

5

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

リーマンショック以降の2012年から毎年年間約8%と不動産価格が大きく上昇しておりますが、産業も同時に発展しており、地元住民の世帯年収も上昇しています。

現地の住宅価格を世帯年収で除した年収倍率は4倍程度で推移しており、地元の方々でも手が届く水準にあります。