オープンハウスのアメリカ不動産投資

Generated with Avocode.シェイプ 2 0120-433-704

月 - 金 9:30〜19:00

アメリカ不動産投資とは ABOUT

「インカムゲイン・キャピタルゲイン・分散投資」
全てを狙える不動産投資

アメリカと日本の名目GDP推移・推計

人口増加と群を抜く経済成長

アメリカ不動産が投資先として魅力的な理由の一つは、人口増加による需要増加が見込めることにあります。
しかも20代~30代が上位を占め、これからの経済発展に貢献する理想的な人口構成です。

POINT

人口増加数に対して、新築の建築許可数が抑えられているアメリカの住宅流通市場は、中古物件が約80%を占めており、中古物件の流通が活発です。

アメリカと日本の不動産価値指数推移

不動産価格は5年で平均20%上昇

過去35年の米国の不動産価格の上昇率は約3.1倍の上昇率となっており、売却する際もキャピタルゲインが期待できます。

POINT

日本では、中古物件は築年を経るごとに取引価格が下落していくことが一般的です。一方、アメリカでは、中古物件がメインの市場であるため、築年を経ても、価格競争力が損なわれません。

アメリカと日本の空室率

強い市場で毎月安定した家賃収入

人口が増大しており、不動産の新規供給が少ない米国では、空室のリスクを日本よりも低く抑えることができます。
また、米国では物価が上昇しており、毎年の契約更新のタイミングで賃料を上げることが一般的であるため、賃料収入の向上も期待できます。

POINT

全米での空室率が6%程度であるのに対して、東京都全域の空室率は11%前後と言われています。

為替市場における通過別取引シェア

世界基軸通貨「ドル資産」で
「保有価値とリスク分散」をまとめてカバー

資産のリスクを分散しておくのは、投資の基本セオリー。
日本人は資産のほとんど円で保有しているケースが多く、資産の分散が進んでいるとは言えません。

POINT

資産の分散先として、基軸通貨であるドルは外せません。市場取引高は4割超であり、アメリカは年2%を超える成長を続けています。

OUR CUSTOMER お客様属性

一部の限られた方を対象とした投資のように感じるアメリカ不動産投資も、
幅広い属性の方々にご利用いただいております。平均購入棟数 2.21棟と、複数棟のご購入が多いのも特徴です。