エリア選びの基準|オープンハウスのアメリカ不動産投資

Generated with Avocode.シェイプ 2 0120-433-704

月 - 金 9:30〜19:00

エリア選びの基準 LOCATION

アメリカ不動産投資において、最適な物件を探すためには、まずはエリア選びが重要です。
長期的な値上がりが期待できるエリア選びには押さえておくべき5つのポイントがあります。

人口増が続いている

1

人口増が続いている

まず第一に「人口増が続いている」エリアを選ぶことが重要になります。人口が増えれば住宅需要が高まり、価格・家賃ともに値上がりが期待できます。

一方で、人口が減少しているエリアでは需要が縮小していくため、不動産価格の上昇はあまり期待できません。この時、不動産価格に対して家賃の引き下げはゆっくり進むので、利回りだけは高くなるエリアも少なくありません。

安全・安心な不動産投資を目指すのであれば、人口が増加しているエリアは最も重要な条件といえます。

優れた教育機関がある

2

優れた教育機関がある

優秀な教育機関があるエリアは、現地の方にとって魅力があるエリアです。

有名な高校、大学といった優秀な教育機関が存在するエリアには、自ずと学生やその家族が集まってきます。

日本でもそうですが、アメリカでも世帯所得が高いほど、子供の教育に熱心である傾向があります。そのため、優秀な教育機関があるエリアは世帯所得が高くなる傾向があります。

交通利便性が高い

3

交通利便性が高い

交通アクセスのよさは、日本の不動産市場を見る上で重要とされるポイントですが、アメリカの場合、日本と異なり「駅近」というよりも「近接する空港の規模や物流拠点としての機能性」のあるエリア選びが重要になります。

特にアメリカ国内の都市を結ぶハブ機能を持つ空港のあるエリアでは、人が集まりやすく経済活動も活発になり、その土地の価値も高まりやすいといえます。

居住者の世帯年収が高い

4

居住者の世帯年収が高い

世帯年収が高いエリアでは、その居住者が住宅にかけるコストも大きくなり、そのエリアの不動産価格にプラスの影響を与えます。

また、一般的に世帯年収の高いエリアは治安面でも良好な傾向があります。

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

5

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

不動産価格が現地の方にとって高すぎないエリアであることもポイントの一つです。

不動産価格が世帯年収に対して高すぎて現地の方に手の届かない価格であると、オーナー様の売却時に売却先が限定されてしまい、出口戦略に不安が生じます。

現地の人でも手が届く価格帯で、かつ今後の不動産価格の上昇も見込めるエリアを選ぶことが重要です。

CONSULTANT コンサルタント紹介

経験豊富なアメリカ不動産のプロがあなたをサポートします。

常盤 創

常盤 創

Hajime Tokiwa

◎1993年現・株式会社大京に入社。数々の国内不動産販売経験を積み、2012年オープンハウスに入社。マンション事業営業部長、社長室広報部長を歴任。2019年1月よりウェルス・マネジメント事業部コンサルティング部長に就任。

27年間の不動産営業で培った圧倒的な知識と経験により、国内不動産も含めた総合的なコンサルティングを実現。自身でも国内・米国で複数の不動産を所有していることから、プライベートも不動産漬けの生活をしており、顧客に寄り添った納得感のある提案が多数の顧客から支持を得ている。

飯田 貴昭

飯田 貴昭

Takaaki Iida

◎2009年 明治大学 卒業後、オープンハウス入社。神奈川の戸建事業立ち上げを経験したのち、2017年よりウェルス・マネジメント事業部の立ち上げに参画。2019年3月より名古屋支店長に就任。

国内不動産販売でトップセールスとして活躍後、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げ当初より営業の責任者として、自身で200名以上の顧客を担当。定期的な米国視察及び豊富な接客経験より、様々なニーズに柔軟に対応。現在は名古屋支社の拡大に尽力している。

豊岡 昂平

豊岡 昂平

Kohei Toyooka

◎高校卒業後に渡米し、Unversity of Central Missouriを卒業。ホノルル国際空港を拠点に航空機パイロットに従事した後、人に惹かれオープンハウスに入社。

仲介営業部門での経験を経たのち、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げに伴い米国赴任。現在は全米の物件仕入れ業務の責任者を務めている。

崎山 拡

崎山 拡

Hiromu Sakiyama

◎2007年 慶應義塾大学卒業後、オープンハウス入社。
戸建て仲介営業に配属後、笹塚、蒲田、錦糸町、新横浜、綱島営業センターにてセンター長を歴任 。
2018年より、ウェルスマネジメント事業部に参画。

齋藤 新

齋藤 新

Arata Saito

◎2010年 オープンハウスに入社。初年度、戸建て仲介部門にて最高売上高(新人賞)を記録。
国内都心店舗のセンター長を経て、ウェルス・マネジメント事業部に参画。営業チームを統括

お客様に真摯に向き合い、誠実・実直な提案を心掛けていることから、齋藤を指名するお客様も少なくない。

井田 光

井田 光

Hikaru Ida

◎2015年 オープンハウスに入社。
戸建て仲介部門にて実績を積み上げ、2016年当時最年少管理職に昇格。
ウェルス・マネジメント事業部参画後は、アメリカ本土で物件の仕入・管理・修繕・リソーシング業務を担当。
現在は、海外駐在から得た経験を武器に、当社銀座サロンにて営業チームをけん引。

鎌田 丈丸

鎌田 丈丸

Takemaru Kamata

◎2013年 立命館大学卒業後、野村證券株式会社へ入社。本店営業部・福山支店にて従事する。
2018年11月にオープンハウスに入社。当初よりウェルス・マネジメント事業部の拡大に貢献し、2019年3月には名古屋支店の開設メンバーとして参画。現在、関西エリアのコンサルティング責任者を務める。

証券会社出身だからこそ出来る総合的な投資の観点から、幅広い選択肢でお客様に最適なご提案が可能。

資格:ファイナンシャルプランナー

阿部 航平

阿部 航平

Kohei Abe

◎2015年 中央大学卒業後、オープンハウスに入社。
戸建て仲介部門神奈川エリアで活躍し、入社後1年9か月でマネージャーに昇格。
ウェルス・マネジメント事業部参画後もトップセールスの一員として活躍。

相手の視点に立ったきめ細やかなサポートにより、多数のお客様が信頼を寄せる。

栗田 勇輝

栗田 勇輝

Yuki Kurita

◎2013年 早稲田大学卒業後、オープンハウス入社。
城南エリアにて戸建仲介営業の販売マネージャーを経験後、企画本部にて新卒採用業務を中心とした経営企画に携わる。ウェルス・マネジメント事業部参画後もコンサルティンググループ長として営業部を牽引。

小野寺 隼也

小野寺 隼也

Toshiya Onodera

◎中央大学卒業後、オープンハウスに新卒で入社。
国内戸建て用地仕入れと収益物件の売買を経験し、2018年、拡大期であったアメリカ不動産事に参画。
2019年3月、名古屋ウェルス・マネジメント事業部立ち上げメンバーとして尽力。

菅井 貴大

菅井 貴大

Takahiro Sugai

◎明治大学卒業後、オープンハウスに入社。仲介事業にて城東エリア販売マネージャーを経験し、2018年アメリカ不動産事業に参画。ロサンゼルスに住んでいた経験より駐在メンバーに選出され、テキサス州のダラスにて戸建の仕入れを行う。

 服部 匡朗

服部 匡朗

Masaaki Hattori

◎東京外国語大学卒業後、オープンハウスに入社。国内にて2年半法人営業を行い、2018年、拡大期であったアメリカ不動産事業に参画。テキサス州にて戸建の仕入れを経験後、エリア進出を果たす事となったアトランタ州にて立ち上げに携わる。

アメリカの不動産業界について深い知識を持つ。

橋本 直家

橋本 直家

Naoya Hashimoto

◎慶応義塾大学卒業後、オープンハウスに入社。入社当初よりアメリカ不動産事業発足メンバーとして参画し、1年目よりテキサス州の駐在員として戸建の仕入れを務める。

テキサス州にて累計1,000棟以上内覧した経験を持ち、地域の属性や賃貸マーケットにも詳しい。

テキサス州にて賃貸経営を成功させる為の知識を、様々な角度から提案可能。

ブロドスキ ザクリ

ブロドスキ ザクリ

Zachary L. Brodsky

◎アメリカでの大型住宅用土地の仕入れ・開発・販売などを経験し、豊富な知識を持つ不動産投資のプロフェッショナル。2018年オープンハウス入社。

米国経済の動向を肌感覚として理解しており、実際の物件管理、賃貸・売買実需状況を含めた、トータルなソリューションを分かりやすく解説。日本に10年間在住、フランクなバイリンガル。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る