エリア選びの基準|オープンハウスのアメリカ不動産投資

Generated with Avocode.シェイプ 2 0120-433-704

月 - 金 9:30〜19:00

エリア選びの基準 LOCATION

アメリカ不動産投資において、最適な物件を探すためには、まずはエリア選びが重要です。
長期的な値上がりが期待できるエリア選びには押さえておくべき5つのポイントがあります。

人口増が続いている

1

人口増が続いている

まず第一に「人口増が続いている」エリアを選ぶことが重要になります。人口が増えれば住宅需要が高まり、価格・家賃ともに値上がりが期待できます。

一方で、人口が減少しているエリアでは需要が縮小していくため、不動産価格の上昇はあまり期待できません。この時、不動産価格に対して家賃の引き下げはゆっくり進むので、利回りだけは高くなるエリアも少なくありません。

安全・安心な不動産投資を目指すのであれば、人口が増加しているエリアは最も重要な条件といえます。

優れた教育機関がある

2

優れた教育機関がある

優秀な教育機関があるエリアは、現地の方にとって魅力があるエリアです。

有名な高校、大学といった優秀な教育機関が存在するエリアには、自ずと学生やその家族が集まってきます。

日本でもそうですが、アメリカでも世帯所得が高いほど、子供の教育に熱心である傾向があります。そのため、優秀な教育機関があるエリアは世帯所得が高くなる傾向があります。

交通利便性が高い

3

交通利便性が高い

交通アクセスのよさは、日本の不動産市場を見る上で重要とされるポイントですが、アメリカの場合、日本と異なり「駅近」というよりも「近接する空港の規模や物流拠点としての機能性」のあるエリア選びが重要になります。

特にアメリカ国内の都市を結ぶハブ機能を持つ空港のあるエリアでは、人が集まりやすく経済活動も活発になり、その土地の価値も高まりやすいといえます。

居住者の世帯年収が高い

4

居住者の世帯年収が高い

世帯年収が高いエリアでは、その居住者が住宅にかけるコストも大きくなり、そのエリアの不動産価格にプラスの影響を与えます。

また、一般的に世帯年収の高いエリアは治安面でも良好な傾向があります。

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

5

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

不動産価格が現地の方にとって高すぎないエリアであることもポイントの一つです。

不動産価格が世帯年収に対して高すぎて現地の方に手の届かない価格であると、オーナー様の売却時に売却先が限定されてしまい、出口戦略に不安が生じます。

現地の人でも手が届く価格帯で、かつ今後の不動産価格の上昇も見込めるエリアを選ぶことが重要です。

CONSULTANT コンサルタント紹介

経験豊富なアメリカ不動産のプロがあなたをサポートします。

浅井 聡

浅井 聡

Satoshi Asai

オープンハウス ウエルスマネジメント事業部にて、米国不動産をお持ちのお客様やご購入検討中のお客様に、金融と不動産を併せた投資アドバイスや融資利用の事前相談、マーケット情報をご提供させていただく専門担当者。

海外ファンド投資やオフショア保険・銀行口座のメンテナンス交渉代行から相続手続きまで幅広くこなす。

林 志帆

林 志帆

Shiho Hayashi

「モノを売るのではなく”コト”を売る」という信念をもち、お客様の課題やニーズを把握することを徹底。

「傾聴力」と「信頼関係構築力」にも長け、自身が掲げる信念のもと、投資目的に見合った物件をご提案。

大慈 真央

大慈 真央

Mao Oji

2015年 エミレーツ航空に入社。客室乗務員として5年間従事し、客室乗務員2万人中300人のみが選出されるスポンサーシップチームにも参加。

その後2020年10月、オープンハウスに入社。

客室乗務員として培ったホスピタリティやコミュニケーション能力は事業部でもトップクラス。

砂原 桃子

砂原 桃子

Momoko Sunahara

ウェルス・マネジメント事業部にて個人投資家のコンサルティング営業に従事。2019年より法人営業部に異動、企業オーナーの資産提案営業に従事。

積極的な提案を得意とし、金融機関からの信頼も厚い。

齋藤 新

齋藤 新

Arata Saito

2010年 オープンハウスに入社。初年度、戸建て仲介部門にて最高売上高(新人賞)を記録。

国内都心店舗のセンター長を経て、ウェルス・マネジメント事業部に参画。2020年10月より東京営業チームを統括している。

飯田 貴昭

飯田 貴昭

Takaaki Iida

神奈川の戸建事業立ち上げを経験したのち、2017年よりウェルス・マネジメント事業部の立ち上げに参画。2019年3月より名古屋支店長に就任。

国内不動産販売でトップセールスとして活躍後、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げ当初より営業の責任者を担う。

鎌田 丈丸

鎌田 丈丸 

Takemaru Kamata

2018年11月にオープンハウスに入社。当初よりウェルス・マネジメント事業部の拡大に貢献し、2019年3月には名古屋支店の開設メンバーとして参画。現在、大阪・名古屋のコンサルティング統括責任者を務める。

証券会社出身だからこそ出来る総合的な投資の観点から、幅広い選択肢でお客様に最適なご提案が可能。

山口 雄大

山口 雄大

Yudai Yamaguchi

投資家様の物件売却戦略立案、米国投資開発事業(賃貸住宅や物流施設の開発)、米国住宅仕入企画業務に従事。大型開発案件の立案・仕入れから売却まで携わる米国不動産投資のプロフェッショナルとして、お客様をサポートする。

米国ワシントン大学留学経験あり。

津田 真悟

津田 真悟

Shingo Tsuda

法人顧客の経営課題に対するノウハウは事業部でもトップクラス。

金融機関出身だからこそできる、米国不動産を用いた経営安定化を図るご提案が可能。

佐々木 洸太郎

佐々木 洸太郎

Kotaro Sasaki

ウェルスマネジメント事業部・法人営業部にて企業オーナーの資産提案営業に従事。

幅広い金融知識から多角的な提案をする事で、顧客からの信頼も厚い。

ブロドスキ ザクリ

ブロドスキ ザクリ

Zachary L. Brodsky

アメリカでの大型住宅用土地の仕入れ・開発・販売などを経験し、豊富な知識を持つ不動産投資のプロフェッショナル。

カリフォルニア州での大規模開発や、東海岸のJV案件などの開発責任者を務める傍ら、売却や法務関係にも精通しお客様一人ひとりのサポート業務まで行う。

常盤 創

常盤 創

Hajime Tokiwa

マンション事業営業部長、社長室広報部長を歴任。2019年1月よりウェルス・マネジメント事業部コンサルティング部長に就任。

自身でも国内・米国で複数の不動産を所有していることから、プライベートも不動産漬けの生活をしており、顧客に寄り添った納得感のある提案が多数の顧客から支持を得ている。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る