エリア選びの基準

最適な物件を探すためには、エリア選びが重要です。長期的な値上がりが期待できるエリア選びに重要なポイントは5つあります。

エリア選びのポイント

人口増が続いている

01 人口増が続いている

人口増が続いている
まず第一に「人口増が続いている」エリアを選ぶことが重要になります。人口が増えれば住宅需要が高まり、価格・家賃ともに値上がりが期待できます。一方で、人口が減少しているエリアでは需要が縮小していくため、不動産価格の上昇はあまり期待できません。この時、不動産価格に対して家賃の引き下げはゆっくり進むので、利回りだけは高くなるエリアも少なくありません。安全・安心な不動産投資を目指すのであれば、人口が増加しているエリアは最も重要な条件といえます。
優れた教育機関がある

02 優れた教育機関がある

優れた教育機関がある
優秀な教育機関があるエリアは、現地の方にとって魅力があるエリアです。有名な高校、大学といった優秀な教育機関が存在するエリアには、自ずと学生やその家族が集まってきます。日本でもそうですが、アメリカでも世帯所得が高いほど、子供の教育に熱心である傾向があります。そのため、優秀な教育機関があるエリアは世帯所得が高くなる傾向があります。
交通利便性が高い

03 交通利便性が高い

交通利便性が高い
交通アクセスのよさは、日本の不動産市場を見る上で重要とされるポイントですが、アメリカの場合、日本と異なり「駅近」というよりも「近接する空港の規模や物流拠点としての機能性」のあるエリア選びが重要になります。特にアメリカ国内の都市を結ぶハブ機能を持つ空港のあるエリアでは、人が集まりやすく経済活動も活発になり、その土地の価値も高まりやすいといえます。
居住者の世帯年収が高い

04 居住者の世帯年収が高い

居住者の世帯年収が高い
世帯年収が高いエリアでは、その居住者が住宅にかけるコストも大きくなり、そのエリアの不動産価格にプラスの影響を与えます。また、一般的に世帯年収の高いエリアは治安面でも良好な傾向があります。
不動産価格と世帯年収との乖離が大きすぎない

05 不動産価格と世帯年収との乖離が大きすぎない

不動産価格と世帯年収との乖離が大きすぎない
不動産価格が現地の方にとって高すぎないエリアであることもポイントの一つです。不動産価格が世帯年収に対して高すぎて現地の方に手の届かない価格であると、オーナー様の売却時に売却先が限定されてしまい、出口戦略に不安が生じます。現地の人でも手が届く価格帯で、かつ今後の不動産価格の上昇も見込めるエリアを選ぶことが重要です。

販売物件紹介

  • ご契約済み

    Gaviota Ave, Long Beach, CA 90802

    $3,000,000台〜
    Unit数 6
  • ご契約済み

    Missouri Ave, Los Angeles, CA 90025

    $3,000,000台〜
    Unit数 6
  • ご契約済み

    9th St, Santa Monica, CA 90404

    $4,000,000台〜
    Unit数 8
前へ
次へ
一覧を見る

コンサルタント紹介

経験豊富なアメリカ不動産のプロがあなたをサポートします。

  • 常盤 創Hajime Tokiwa

    1993年現・株式会社大京に入社。数々の国内不動産販売経験を積み、2012年オープンハウスに入社。マンション事業営業部長、社長室広報部長を歴任。2019年1月よりウェルス・マネジメント事業部コンサルティング部長に就任。

    27年間の不動産営業で培った圧倒的な知識と経験により、国内不動産も含めた総合的なコンサルティングを実現。自身でも国内・米国で複数の不動産を所有していることから、プライベートも不動産漬けの生活をしており、顧客に寄り添った納得感のある提案が多数の顧客から支持を得ている。
  • 浅井 聡Satoshi Asai

    横浜国立大学工学部卒業。国内外の超大手銀行にて計20年間勤務した後、投資の法務相談に特化した行政書士として独立。海外ファンド投資やオフショア保険・銀行口座のメンテナンス交渉代行・海外相続などへの深い知見から、専門家としてメディア出演した経験を持つ。 オープンハウスでは、最新のマーケット情報を活かした米国不動産投資戦略や、企業財務・事業承継戦略を支援するコンサルティングを行う。特定行政書士、IFTA国際検定テクニカルアナリストの資格を保有。
  • 西馬 志帆Shiho Nishiuma

    関西学院大学経済学部卒業。大手グローバル企業に入社し、マネジメント業務に従事。 経営幹部に抜擢され、新規事業の立ち上げと経営に携わる。その後、米国不動産の可能性に関心を持ち、オープンハウスに入社。ウェルス・マネジメント事業部にジョインし、現在はハワイ専門のコーディーネーターを担当する。 インドネシアおよびシンガポールでの居住経験や、ヨーロッパへの留学経験あり。長年の海外生活により培われた知識と実経験を活かし、グローバルな視座から、アメリカに限らず国内外の富裕層の皆様のニーズに合わせた多彩な資産運用の提案を行う。
  • 吉岡 夢賀Yumeka Yoshioka

    関西学院大学総合政策学部卒業。新卒で専門商社に入社し、5年間法人営業として100社以上のクライアントを担当。取り扱う商品点数は276万点以上、顧客の業種や規模も多種多様という環境のなかで、柔軟でスピーディーな提案力を身に付ける。 2020年よりオープンハウスに入社し、ウェルス・マネジメント事業部にてコンサルティング業務に従事。前職で培った提案力を活かし、お客様のニーズに合わせた投資プランを策定する。
  • 田口 梨紗Risa Taguchi

    大学卒業後、外資系5つ星ホテルの宿泊部門にて4年間勤務。主にレセプション業務を担当し、国内外の富裕層ゲストへの接客を行う。勤務先ホテルがG20サミット出席者の宿泊施設に選定された際には、各国の観光大臣の接遇を経験。2021年4月、オープンハウスに入社し、ウェルス・マネジメント事業部にてコンサルタントとして働く。 接客業で培ったホスピタリティを活かした、お客様のニーズとお気持ちを汲んだきめ細やかな提案を得意とする。
  • 砂原 桃子Momoko Sunahara

    立命館大学卒業後、株式会社オープンハウスに入社。 ウェルス・マネジメント事業部にて個人投資家のコンサルティング営業に従事。2019年より法人営業部に異動、企業オーナーの資産提案営業に従事。 積極的な提案を得意とし、金融機関からの信頼も厚い。
  • 齋藤 新Arata Saito

    学習院大学経済学部卒業。2010年にオープンハウスに入社、初年度に国内戸建て仲介部門にて最高売上高(新人賞)を記録。都心店舗のセンター長を経て、ウェルス・マネジメント事業部に参画。東京圏の法人営業チーム統括を務める現在も、チームメンバー30人のマネジメントを行いながら、自身もコンサルタントとしてお客様と向き合う。 お客様のベネフィットを最大化することをポリシーにした誠実・実直な提案が好評で、リピーター様からの指名が多数寄せられる。
  • 山口 雄大Yudai Yamaguchi

    早稲田大学国際教養学部卒業。新卒で野村不動産株式会社に入社。開発企画本部にて法定再開発事業、その他大規模複合開発事業に従事。2020年3月に株式会社オープンハウスに入社。 投資家様の物件売却戦略立案、米国投資開発事業(賃貸住宅や物流施設の開発)、米国住宅仕入企画業務に従事。大型開発案件の立案・仕入れから売却まで携わる米国不動産投資のプロフェッショナルとして、お客様をサポートする。米国ワシントン大学留学経験あり。 ■保有資格 ・TOEIC 990点
  • 津田 真吾Shingo Tsuda

    関西学院大学商学部卒業。新卒で三井住友銀行に入行し、上野法人営業部にて法人クライアント向けにファイナンスや事業承継の支援を行う。 2021年よりオープンハウスに入社し、ウェルス・マネジメント事業部に配属。法人・個人のクライアントに海外不動産のご案内を行う。銀行員時代のナレッジを活かし、資金繰りや事業計画を踏まえた総合的な資産形成戦略をプランニング。米国不動産を用いて経営を安定化させるスキームは、多くの法人顧客から支持される。
  • 佐々木 洸太朗Kotaro Sasaki

    野村證券に新卒入社し、大阪支店営業部にて法人営業に従事。2019年より、同社本店のウェルスマネジメント部に異動し、上場企業と創業一族の資産管理を担当する。2020年10月にオープンハウスに入社し、ウェルス・マネジメント事業部法人営業部に配属。 前職時代の知識と経験を活かし、企業オーナー様向けに資産提案営業を行う。不動産に限らない幅広い金融知識をべースにした多角的な提案に、投資歴の長いお客様からも厚い信頼が寄せられている。
  • ブロドスキ ザクリZachary L. Brodsky

    経営学部卒業。アメリカ・ユタ州の不動産ディベロッパーにて大型住宅用土地の仕入れ・開発・販売などを経験してきた、米国不動産マーケットのプロフェッショナル。2018年にオープンハウスにジョインし、ウェルス・マネジメント事業部エグゼクティブコンサルタントに就任。主にカリフォルニア州での大規模開発や、東海岸のJV案件などの開発責任者を務める。 その傍ら、個別のお客様へのコンサルティングも担当。売却や法務関係に関する豊富な知識を活かした、専門性の高いアドバイスが持ち味。
前へ
次へ
一覧を見る