テキサス州ヒューストン|オープンハウスのアメリカ不動産投資

Generated with Avocode.シェイプ 2 0120-433-704

月 - 金 9:30〜19:00

NASAの本拠地があることで知られているテキサス州ヒューストン。州の南東部に位置し、全米第4位の人口を抱える州内最大の都市です。ビジネス環境の整った全米有数の地域でありフォーチュン500に入る企業の本社数はニューヨークに次いで多く、サンベルトの中心都市の一つでもあります。さらに米国における石油・エネルギー産業の最大拠点都市であり、雇用創出に米国で一番長けた都市でもあります。
Googleマップで見る

発展途上の不動産市場

1

発展途上の不動産市場

人口増加

米国国勢調査局調査によると、ヒューストンの人口は約230万人(2019年6月)で、テキサス州内で最大、全米でも4番目の人口を誇る大都市です。 同州の用いる地域区分・大都市統計圏ではヒューストン・ザ・ウッドランズ広域都市圏に区分され、その総人口は約700万人に及びます。2020年内には約710万人に達するとされ、2010年の総人口約600万人から、10年で110万人増加した計算になります。2018年の全体の人口増加率で全米3位、純自然増加率で3位、国際移住率で4位と、今後も大きな人口成長が見込まれています。


不動産市場は発展途上

人口と同様、不動産市場にもまだまだ伸びしろがあります。ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンなどの古くから発展した地域に比べ、成長と発展の余地が残されています。 ヒューストンの不動産は、密度が低く、十分に整理されてもいません。つまり、都市内にはまだまだ不動産を増やすスペースがあるということです。都心部にも住宅を建てるためのスペースがあるのです。

力強い経済と雇用の成長

2

力強い経済と
雇用の成長

経済

ヒューストン地域は、世界的にも重要な産業拠点の1つとされ、米国の製造業GDPランキングで第2位に位置します。 学術的な存在感も大きく、世界最大の医療施設であるテキサス医療センターがあり、臨床医療、研究、教育を提供しています。その影響もあってか、ヒューストンにはライフサイエンスやバイオテクノロジーに関わる法人や団体が多数あります。 また、全米のエネルギー基地でもあり、石油およびガス産業も発達しています。


雇用の成長性

経済的な強さは、雇用に直結します。ヒューストンには6,400の製造業者があり、年間800億ドルの商品を生産するために、24万人以上の熟練労働者を雇用しています。また、新興企業の台頭も著しく、近年ではAmazonが巨大な流通センターを新設しました。このセンターだけで、1,000人規模の新雇用が生まれたとされています。


国際貿易の中枢

ヒューストン港は全長にして40kmに及び巨大な港湾で、公共施設や民間企業が多数立ち並びます。米国の国際貿易の拠点として機能しており、取り扱う貨物量は国内最大。貨物を処理するための労働者を多く雇用しているのはもちろん、多くのビジネスマンや旅行者がヒューストンを訪れる理由にもなっており、州の人口増に一役買っています。

教育水準と生活の質

3

教育水準と生活の質

教育水準

ヒューストンは著名な学校、大学も豊富な都市です。地域最大の公立学区であるヒューストン独立学区は、218平方マイルに288の学校、13,000人の教育者、21万人以上の生徒がいます。 また、USニューズ誌の全米大学ランキングで多くのカテゴリーで高く評価されるヒューストン大学を擁します。ヒューストン大は、「ソーシャルモビリティのトップパフォーマー」としてトップ50にランクインし、「トップ公立学校」と「ベストバリュースクール」のリストにもランクインしました。


生活の質

Teleport.orgが発表する都市ランキングによると、ヒューストンはスタートアップ、ヘルスケア、レジャー&カルチャーの分野で高い評価を受けており、住むのに良い場所です。経済と教育の面でも高品質のスコアを獲得しています。 しばしば、犯罪発生率の高さが指摘されますが、これはヒューストンをよく知る人からするとむしろ意外な事実です。これは、地域によって治安の善し悪しがくっきりと分かれているためでしょう。


教育水準の高い土地⇒不動産投資先として魅力的

教育水準の高さは、イノベーションの起こりやすさに直結します。つまり、新たな産業が生まれ、雇用も増加し、人口が増え、不動産価値が上昇しやすいということでもあります。事実、シュローダーが発表する世界の経済成長都市ランキングで上位に挙げられた都市のほとんどに、世界的に名を知られる大学があります。 その点でも、教育水準の高いヒューストンは、不動産投資対象として魅力的な都市と言えるでしょう。

CONSULTANT コンサルタント紹介

経験豊富なアメリカ不動産のプロがあなたをサポートします。

常盤 創

常盤 創

Hajime Tokiwa

◎1993年現・株式会社大京に入社。数々の国内不動産販売経験を積み、2012年オープンハウスに入社。マンション事業営業部長、社長室広報部長を歴任。2019年1月よりウェルス・マネジメント事業部コンサルティング部長に就任。

27年間の不動産営業で培った圧倒的な知識と経験により、国内不動産も含めた総合的なコンサルティングを実現。自身でも国内・米国で複数の不動産を所有していることから、プライベートも不動産漬けの生活をしており、顧客に寄り添った納得感のある提案が多数の顧客から支持を得ている。

飯田 貴昭

飯田 貴昭

Takaaki Iida

◎2009年 明治大学 卒業後、オープンハウス入社。神奈川の戸建事業立ち上げを経験したのち、2017年よりウェルス・マネジメント事業部の立ち上げに参画。2019年3月より名古屋支店長に就任。

国内不動産販売でトップセールスとして活躍後、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げ当初より営業の責任者として、自身で200名以上の顧客を担当。定期的な米国視察及び豊富な接客経験より、様々なニーズに柔軟に対応。現在は名古屋支社の拡大に尽力している。

豊岡 昂平

豊岡 昂平

Kohei Toyooka

◎高校卒業後に渡米し、Unversity of Central Missouriを卒業。ホノルル国際空港を拠点に航空機パイロットに従事した後、人に惹かれオープンハウスに入社。

仲介営業部門での経験を経たのち、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げに伴い米国赴任。現在は全米の物件仕入れ業務の責任者を務めている。

崎山 拡

崎山 拡

Hiromu Sakiyama

◎2007年 慶應義塾大学卒業後、オープンハウス入社。
戸建て仲介営業に配属後、笹塚、蒲田、錦糸町、新横浜、綱島営業センターにてセンター長を歴任 。
2018年より、ウェルスマネジメント事業部に参画。

齋藤 新

齋藤 新

Arata Saito

◎2010年 オープンハウスに入社。初年度、戸建て仲介部門にて最高売上高(新人賞)を記録。
国内都心店舗のセンター長を経て、ウェルス・マネジメント事業部に参画。営業チームを統括

お客様に真摯に向き合い、誠実・実直な提案を心掛けていることから、齋藤を指名するお客様も少なくない。

井田 光

井田 光

Hikaru Ida

◎2015年 オープンハウスに入社。
戸建て仲介部門にて実績を積み上げ、2016年当時最年少管理職に昇格。
ウェルス・マネジメント事業部参画後は、アメリカ本土で物件の仕入・管理・修繕・リソーシング業務を担当。
現在は、海外駐在から得た経験を武器に、当社銀座サロンにて営業チームをけん引。

鎌田 丈丸

鎌田 丈丸

Takemaru Kamata

◎2013年 立命館大学卒業後、野村證券株式会社へ入社。本店営業部・福山支店にて従事する。
2018年11月にオープンハウスに入社。当初よりウェルス・マネジメント事業部の拡大に貢献し、2019年3月には名古屋支店の開設メンバーとして参画。現在、関西エリアのコンサルティング責任者を務める。

証券会社出身だからこそ出来る総合的な投資の観点から、幅広い選択肢でお客様に最適なご提案が可能。

資格:ファイナンシャルプランナー

阿部 航平

阿部 航平

Kohei Abe

◎2015年 中央大学卒業後、オープンハウスに入社。
戸建て仲介部門神奈川エリアで活躍し、入社後1年9か月でマネージャーに昇格。
ウェルス・マネジメント事業部参画後もトップセールスの一員として活躍。

相手の視点に立ったきめ細やかなサポートにより、多数のお客様が信頼を寄せる。

栗田 勇輝

栗田 勇輝

Yuki Kurita

◎2013年 早稲田大学卒業後、オープンハウス入社。
城南エリアにて戸建仲介営業の販売マネージャーを経験後、企画本部にて新卒採用業務を中心とした経営企画に携わる。ウェルス・マネジメント事業部参画後もコンサルティンググループ長として営業部を牽引。

小野寺 隼也

小野寺 隼也

Toshiya Onodera

◎中央大学卒業後、オープンハウスに新卒で入社。
国内戸建て用地仕入れと収益物件の売買を経験し、2018年、拡大期であったアメリカ不動産事に参画。
2019年3月、名古屋ウェルス・マネジメント事業部立ち上げメンバーとして尽力。

菅井 貴大

菅井 貴大

Takahiro Sugai

◎明治大学卒業後、オープンハウスに入社。仲介事業にて城東エリア販売マネージャーを経験し、2018年アメリカ不動産事業に参画。ロサンゼルスに住んでいた経験より駐在メンバーに選出され、テキサス州のダラスにて戸建の仕入れを行う。

 服部 匡朗

服部 匡朗

Masaaki Hattori

◎東京外国語大学卒業後、オープンハウスに入社。国内にて2年半法人営業を行い、2018年、拡大期であったアメリカ不動産事業に参画。テキサス州にて戸建の仕入れを経験後、エリア進出を果たす事となったアトランタ州にて立ち上げに携わる。

アメリカの不動産業界について深い知識を持つ。

橋本 直家

橋本 直家

Naoya Hashimoto

◎慶応義塾大学卒業後、オープンハウスに入社。入社当初よりアメリカ不動産事業発足メンバーとして参画し、1年目よりテキサス州の駐在員として戸建の仕入れを務める。

テキサス州にて累計1,000棟以上内覧した経験を持ち、地域の属性や賃貸マーケットにも詳しい。

テキサス州にて賃貸経営を成功させる為の知識を、様々な角度から提案可能。

ブロドスキ ザクリ

ブロドスキ ザクリ

Zachary L. Brodsky

◎アメリカでの大型住宅用土地の仕入れ・開発・販売などを経験し、豊富な知識を持つ不動産投資のプロフェッショナル。2018年オープンハウス入社。

米国経済の動向を肌感覚として理解しており、実際の物件管理、賃貸・売買実需状況を含めた、トータルなソリューションを分かりやすく解説。日本に10年間在住、フランクなバイリンガル。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る