テキサス州ヒューストン|オープンハウスのアメリカ不動産投資

Generated with Avocode.シェイプ 2 0120-433-704

月 - 金 9:30〜19:00

NASAの本拠地があることで知られているテキサス州ヒューストン。州の南東部に位置し、全米第4位の人口を抱える州内最大の都市です。ビジネス環境の整った全米有数の地域でありフォーチュン500に入る企業の本社数はニューヨークに次いで多く、サンベルトの中心都市の一つでもあります。さらに米国における石油・エネルギー産業の最大拠点都市であり、雇用創出に米国で一番長けた都市でもあります。
Googleマップで見る

発展途上の不動産市場

1

発展途上の不動産市場

人口増加

米国国勢調査局調査によると、ヒューストンの人口は約230万人(2019年6月)で、テキサス州内で最大、全米でも4番目の人口を誇る大都市です。 同州の用いる地域区分・大都市統計圏ではヒューストン・ザ・ウッドランズ広域都市圏に区分され、その総人口は約700万人に及びます。2020年内には約710万人に達するとされ、2010年の総人口約600万人から、10年で110万人増加した計算になります。2018年の全体の人口増加率で全米3位、純自然増加率で3位、国際移住率で4位と、今後も大きな人口成長が見込まれています。


不動産市場は発展途上

人口と同様、不動産市場にもまだまだ伸びしろがあります。ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンなどの古くから発展した地域に比べ、成長と発展の余地が残されています。 ヒューストンの不動産は、密度が低く、十分に整理されてもいません。つまり、都市内にはまだまだ不動産を増やすスペースがあるということです。都心部にも住宅を建てるためのスペースがあるのです。

力強い経済と雇用の成長

2

力強い経済と
雇用の成長

経済

ヒューストン地域は、世界的にも重要な産業拠点の1つとされ、米国の製造業GDPランキングで第2位に位置します。 学術的な存在感も大きく、世界最大の医療施設であるテキサス医療センターがあり、臨床医療、研究、教育を提供しています。その影響もあってか、ヒューストンにはライフサイエンスやバイオテクノロジーに関わる法人や団体が多数あります。 また、全米のエネルギー基地でもあり、石油およびガス産業も発達しています。


雇用の成長性

経済的な強さは、雇用に直結します。ヒューストンには6,400の製造業者があり、年間800億ドルの商品を生産するために、24万人以上の熟練労働者を雇用しています。また、新興企業の台頭も著しく、近年ではAmazonが巨大な流通センターを新設しました。このセンターだけで、1,000人規模の新雇用が生まれたとされています。


国際貿易の中枢

ヒューストン港は全長にして40kmに及び巨大な港湾で、公共施設や民間企業が多数立ち並びます。米国の国際貿易の拠点として機能しており、取り扱う貨物量は国内最大。貨物を処理するための労働者を多く雇用しているのはもちろん、多くのビジネスマンや旅行者がヒューストンを訪れる理由にもなっており、州の人口増に一役買っています。

教育水準と生活の質

3

教育水準と生活の質

教育水準

ヒューストンは著名な学校、大学も豊富な都市です。地域最大の公立学区であるヒューストン独立学区は、218平方マイルに288の学校、13,000人の教育者、21万人以上の生徒がいます。 また、USニューズ誌の全米大学ランキングで多くのカテゴリーで高く評価されるヒューストン大学を擁します。ヒューストン大は、「ソーシャルモビリティのトップパフォーマー」としてトップ50にランクインし、「トップ公立学校」と「ベストバリュースクール」のリストにもランクインしました。


生活の質

Teleport.orgが発表する都市ランキングによると、ヒューストンはスタートアップ、ヘルスケア、レジャー&カルチャーの分野で高い評価を受けており、住むのに良い場所です。経済と教育の面でも高品質のスコアを獲得しています。 しばしば、犯罪発生率の高さが指摘されますが、これはヒューストンをよく知る人からするとむしろ意外な事実です。これは、地域によって治安の善し悪しがくっきりと分かれているためでしょう。


教育水準の高い土地⇒不動産投資先として魅力的

教育水準の高さは、イノベーションの起こりやすさに直結します。つまり、新たな産業が生まれ、雇用も増加し、人口が増え、不動産価値が上昇しやすいということでもあります。事実、シュローダーが発表する世界の経済成長都市ランキングで上位に挙げられた都市のほとんどに、世界的に名を知られる大学があります。 その点でも、教育水準の高いヒューストンは、不動産投資対象として魅力的な都市と言えるでしょう。

CONSULTANT コンサルタント紹介

経験豊富なアメリカ不動産のプロがあなたをサポートします。

浅井 聡

浅井 聡

Satoshi Asai

オープンハウス ウエルスマネジメント事業部にて、米国不動産をお持ちのお客様やご購入検討中のお客様に、金融と不動産を併せた投資アドバイスや融資利用の事前相談、マーケット情報をご提供させていただく専門担当者。

海外ファンド投資やオフショア保険・銀行口座のメンテナンス交渉代行から相続手続きまで幅広くこなす。

林 志帆

林 志帆

Shiho Hayashi

「モノを売るのではなく”コト”を売る」という信念をもち、お客様の課題やニーズを把握することを徹底。

「傾聴力」と「信頼関係構築力」にも長け、自身が掲げる信念のもと、投資目的に見合った物件をご提案。

大慈 真央

大慈 真央

Mao Oji

2015年 エミレーツ航空に入社。客室乗務員として5年間従事し、客室乗務員2万人中300人のみが選出されるスポンサーシップチームにも参加。

その後2020年10月、オープンハウスに入社。

客室乗務員として培ったホスピタリティやコミュニケーション能力は事業部でもトップクラス。

砂原 桃子

砂原 桃子

Momoko Sunahara

ウェルス・マネジメント事業部にて個人投資家のコンサルティング営業に従事。2019年より法人営業部に異動、企業オーナーの資産提案営業に従事。

積極的な提案を得意とし、金融機関からの信頼も厚い。

齋藤 新

齋藤 新

Arata Saito

2010年 オープンハウスに入社。初年度、戸建て仲介部門にて最高売上高(新人賞)を記録。

国内都心店舗のセンター長を経て、ウェルス・マネジメント事業部に参画。2020年10月より東京営業チームを統括している。

飯田 貴昭

飯田 貴昭

Takaaki Iida

神奈川の戸建事業立ち上げを経験したのち、2017年よりウェルス・マネジメント事業部の立ち上げに参画。2019年3月より名古屋支店長に就任。

国内不動産販売でトップセールスとして活躍後、ウェルス・マネジメント事業部立ち上げ当初より営業の責任者を担う。

鎌田 丈丸

鎌田 丈丸 

Takemaru Kamata

2018年11月にオープンハウスに入社。当初よりウェルス・マネジメント事業部の拡大に貢献し、2019年3月には名古屋支店の開設メンバーとして参画。現在、大阪・名古屋のコンサルティング統括責任者を務める。

証券会社出身だからこそ出来る総合的な投資の観点から、幅広い選択肢でお客様に最適なご提案が可能。

山口 雄大

山口 雄大

Yudai Yamaguchi

投資家様の物件売却戦略立案、米国投資開発事業(賃貸住宅や物流施設の開発)、米国住宅仕入企画業務に従事。大型開発案件の立案・仕入れから売却まで携わる米国不動産投資のプロフェッショナルとして、お客様をサポートする。

米国ワシントン大学留学経験あり。

津田 真悟

津田 真悟

Shingo Tsuda

法人顧客の経営課題に対するノウハウは事業部でもトップクラス。

金融機関出身だからこそできる、米国不動産を用いた経営安定化を図るご提案が可能。

佐々木 洸太郎

佐々木 洸太郎

Kotaro Sasaki

ウェルスマネジメント事業部・法人営業部にて企業オーナーの資産提案営業に従事。

幅広い金融知識から多角的な提案をする事で、顧客からの信頼も厚い。

ブロドスキ ザクリ

ブロドスキ ザクリ

Zachary L. Brodsky

アメリカでの大型住宅用土地の仕入れ・開発・販売などを経験し、豊富な知識を持つ不動産投資のプロフェッショナル。

カリフォルニア州での大規模開発や、東海岸のJV案件などの開発責任者を務める傍ら、売却や法務関係にも精通しお客様一人ひとりのサポート業務まで行う。

常盤 創

常盤 創

Hajime Tokiwa

マンション事業営業部長、社長室広報部長を歴任。2019年1月よりウェルス・マネジメント事業部コンサルティング部長に就任。

自身でも国内・米国で複数の不動産を所有していることから、プライベートも不動産漬けの生活をしており、顧客に寄り添った納得感のある提案が多数の顧客から支持を得ている。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る