オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

アメリカ不動産アカデミーVol.8 過去最低水準の金利と変化する住宅ニーズ(2020年7月24日時点)

 

 

過去最低水準の金利を記録

今週はアメリカの住宅ローン金利についてレポートいたします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、連邦準備理事会は経済の下支えとして、巨額の資金を金融市場に投下しました。それにより消費者の借り入れコストが低下。さる7月16日、30年固定金利の住宅ローンは、平均金利が3%を下回りました。これは1971年にデータ公開が始まって以来、初の出来事です。

在宅命令の緩和に伴い、6月より住宅成約件数は急速に回復しています。加えて、この度の過去最低水準となる金利。これまで購入を検討していなかった多くの潜在的な顧客も、購入に向けて動き出すことが予想されます。

 

新型コロナウイルスの影響による住宅ニーズの変化

一方、新型コロナウイルスの影響により、住宅ニーズの一部に変化が見られています。高齢者や新生児のための個室の需要が拡大。また、リモートワークの広がりによってワーキングスペース確保のニーズも伸長しています。このため、安価で建物面積が広い、郊外の住宅に注目が集まっています。

車社会のアメリカでは、住みよい環境を手に入れるため、郊外に住宅を購入することは珍しくありません。そして「住みよい環境」の条件には、通勤や都心部への移動を考えた、交通の便が含まれていました。

しかし、全米リアルター協会からの発表によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大後に住宅を購入した人の約3割が、通勤に関する条件を新たに変更しています。加えて、購入者全体の約2割が通勤を特段考慮していないとのこと。こうした傾向はこれまでとは明らかに異なる大きな変化といえるでしょう。

 

リモートワークがオフィスの移転を後押し

また、郊外へと向かう動きはオフィスでも同様です。2017年から土地価格の手頃さから、オフィスを郊外に置く企業は増加傾向にありました。加えて今般のリモートワークの普及によって、企業はオフィスを都心部に構える必要性が薄れ、郊外へと移転する動きが一層強まりそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の生活に大きな変化をもたらしつつあると言えそうです。

以上、田力優がお伝えいたしました

 

関連記事
アメリカ不動産アカデミーVol.1 ジョージア州アトランタ(2020年5月2日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.2 テキサス州の新型コロナウィルス対策(2020年6月9日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.3 ジョージア州州政府の動き(2020年6月16日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.4 ジョージア州アトランタ不動産マーケットの現状(2020年6月25日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.5 1日あたり感染数8,000名突破で、マスク着用義務に~テキサス州(2020年7月3日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.6 テキサス州の新規感染者数減少と現地状況(2020年7月10日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.7 感染拡大により再び在宅命令を発表~カリフォルニア州(2020年7月16日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.9 マスクを巡る政治論争~ジョージア州(2020年7月31日時点)

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。