オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ経済アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

アメリカ不動産アカデミーVol.2 テキサス州の新型コロナウィルス対策(2020年6月9日時点)

 

経済活動再開に向けた第3フェーズに入る

今週はテキサス州についてレポートします。新型コロナウイルス「COVID-19」(コビット・ナインティーン)を巡るテキサス州政府の動きです。

去る6月3日、テキサス州では経済活動再開に向けた第3フェーズに入ることが発表されました。具体的には、バーなどの飲食店について、入店者が着席する場合に限り50%のキャパシティーまで入店が許されます。また、アミューズメントパークや祭典の開催などについては、陽性者が1000名以下の郡であれば、50%のキャパシティーまでは運営可能とされています。

さらに、7月4日の建国記念日などを想定して、屋外でのイベント開催なども一定の制限のもと再開が認められることになりました。

 

新型コロナウイルス対策の州内ルール

このような経済再開に向けた動きの中でも、新型コロナウイルス対策として、マスクなどで顔を覆うこと、10名以上での集まりを極力避けること、65歳以上の高齢者はできる限り自宅にとどまることなどが州内のルールとして提示されています。

6月12日以降は、さらに制限範囲が緩和される予定であり、テキサス州は着実に正常化に向かっているということが言えそうです。

 

州知事アボット氏がジョージ・フロイド氏の自宅を訪問

テキサス州知事のアボット氏は本人のツイッターを通じて、現地時間の6月8日、全世界で話題となっているジョージ・フロイド氏の自宅を訪問したと伝えています。

アボット知事はジョージ・フロイド氏の家族と共に撮影した写真を投稿し、「彼らは(アメリカにおける)人種間の隔たりを越えた架け橋となる象徴的存在だ」としたうえで「ミネソタ州で起きたことをテキサス州では絶対に起こさない」としています。

テキサス州からミネソタ州までは距離にして約2000キロ。他州の知事がわざわざ自宅を訪れるほど、ジョージ・フロイド氏の事件がアメリカ合衆国にとって衝撃的だったということでしょう。

 

関連記事
アメリカ不動産アカデミーVol.1 ジョージア州アトランタ(2020年5月2日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.3 ジョージア州州政府の動き(2020年6月16日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.4 ジョージア州アトランタ不動産マーケットの現状(2020年6月25日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.5 1日あたり感染数8,000名突破で、マスク着用義務に~テキサス州(2020年7月3日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.6 テキサス州の新規感染者数減少と現地状況(2020年7月10日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.7 感染拡大により再び在宅命令を発表~カリフォルニア州(2020年7月16日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.8 過去最低水準の金利と変化する住宅ニーズ(2020年7月24日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.9 マスクを巡る政治論争~ジョージア州(2020年7月31日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.10 新型コロナウイルスの感染状況と不動産トレンド~カリフォルニア州(2020年8月7日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.11 拡大する宅配需要と開発~テキサス州(2020年8月19日時点)

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る