オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年9月)ロックダウンでも、素晴らしい物件をご紹介。

サチ・ブレーデンの画像

サチ・ブレーデン/ Sachi Braden

ゲストサチ・ブレーデン/ Sachi Braden

大阪出身。パンアメリカン航空の客室乗務員を経て1989年からハワイ不動産業界に入り。アメリカ最大級の不動産会社『コールドウエル・バンカー社』にて、バイスプレジデント、プレビュー最高級物件スペシャリストならびにナンバー1のトップエージェントに。1998年から3年連続4回、同社の栄誉あるトッププロデューサーに選ばれる。2003年12月『サチハワイ・パシフィックセンチュリー総合不動産会社』を設立。ハワイ州不動産売上額評価のトップ1%の上位に連続11年ランクイン。2017年優秀女性経営企業に贈られる『Largest Women-Owned Businesses』のベスト11位に選ばれる。ハワイ日本人企業会『日本クラブ』、中小企業家同友会ハワイ支部会員、カピオラニ病院理事(2015年,2016年)、ハワイキタワー理事、日米協会理事、ハワイシニアクラブ会員。趣味は音楽、演劇鑑賞。2017年9月『サチ・ブレーデンのアメリカで生きる日本人女性』を執筆。

株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

ロックダウンはハワイの経済や生活に大きな影響を及ぼしていますが、そんな中でも素晴らしい物件をご用意しました。開放感あふれる、実にハワイらしい物件です。
オープンハウスのグループ会社「サチハワイ総合不動産会社」代表取締役のサチ・ブレーデンに、当社副社長・鎌田和彦が直撃インタビューしました!

ロックダウンでも、素晴らしい物件をご紹介。

kamata
鎌田

サチさん、先日はお誕生日だったそうで、おめでとうございます。

sachi
サチ


ありがとうございます。コロナ禍の最中のバースデーでしたから、テイクアウトでお祝いしました。そして残念なことに誕生日の翌日からハワイではロックダウンが始まったんです。

kamata
鎌田

そうでしたか。

sachi
サチ

9月になったら日本からの観光客も戻ってくると思っていましたのに、ロックダウンですよ。これはやっぱり気持ちが沈みます。

kamata
鎌田

ロックダウンはいつまでの予定ですか。

sachi
サチ

8月27日から2週間の予定です。まるで今年の3月後半に後戻りしたような気分です。

kamata
鎌田

街の様子はいかがでしょう。

sachi
サチ

エッセンシャルワーカー以外は、基本的に外出禁止です。スーパーや銀行は開いており、テイクアウトのサービスもありますから、日常生活に困ることはないです。それでもレストランやバーは完全にクローズし、レストランの中にはこれをきっかけに廃業するところも出てきて、ハワイのビジネスがとても心配です。これから税収も落ち込んでいくでしょうし、ハワイの経済全体がシュリンクすると思います。

ハワイ画像1

kamata
鎌田

影響は大きいでしょうね。

sachi
サチ

日本のGoToキャンペーンの話は耳にしましたが、ハワイでは他の島にも行けません。行ったら2週間の検疫です。ビーチや公園にも行けませんし、自宅に人を招くのも4人まで。高級ホテルも軒並みクローズです。

kamata
鎌田

賃貸住宅の賃料未払いなどは起きていませんか。

sachi
サチ

家賃が払えなくなったのでまけて欲しい、という声はあります。ですから私も、賃料を下げざるを得ませんので少しの間辛抱してくださいますか、とオーナー様にお願いしています。

kamata
鎌田

失業率も上がっていると。

sachi
サチ

今は落ち着いています。でも、その分、ハワイでは職がないからとアメリカ本土に渡る人が増えています。

kamata
鎌田

固定資産税についてはいかがですか。

ハワイ画像2

sachi
サチ

ハワイでは7月から翌年の6月までが年度の区切りで、半年分の固定資産税を8月20日までにまとめて納めなくてはなりません。しかし、収められない人が増えているのでしょう、税務署から「分割払いでもいい」という知らせがきています。これまで給付金や失業保険で何とかやりくりしてきた人たちのお金がそろそろ尽きかけていると思います。特に共働きで職を失ったような家庭は大変ではないでしょうか。

kamata
鎌田

そんな中、不動産の状況はいかがでしょう。

sachi
サチ

いいニュースとしては、コンドミニアムの価格が落ち着いてきて、物件を探すにはいい頃合いではないかということですね。円高基調ですし、高級物件も狙いどきでしょう。もちろん現地を見ることはできませんから、先月もご紹介したようにサイト・アンシーン(Sight Unseen)といって、物件を見ないで探す方も増えています。

kamata
鎌田

今月は、特にお勧めの物件をご用意いただいたとのことですが。

sachi
サチ


はい、高級リゾートのカハラ・ビーチまで徒歩2、3分という立地の、4714カハラ・アベニューの物件をご紹介します。

kamata
鎌田

素晴らしい! ちょっと案内していただけますか。

sachi
サチ


まず、入り口のドライブウェイはクルマ4台分の広さです。玄関前にクルマを停めて降りられるので、まるで豪華なホテルに着いたような印象です。玄関から入ると、ハワイ特有のトレードウィンド(貿易風)という爽やかな風が出迎えてくれるのが感じられるでしょう。

この住まいは1990年代に建てられましたが2016年に大規模なリフォームをしており、例えばリビング、ダイニングを同じ大理石でシームレスにつなぐなど、とても開放感あふれるつくりとなっています。裏庭にはプールがありますが、大きな植栽でプライバシーがしっかり守られているので、のんびりと泳いだりビールを飲んだりできるでしょう。

ハワイ画像3

kamata
鎌田

本当に開放感たっぷりですね。

sachi
サチ


キッチンも広々としていて、大きな冷蔵庫、冷凍庫、ディッシュウォッシャーが2つずつ、ついています。奥さまの手を煩わせることなく、家族みんなで食事を楽しめるでしょう。

ベッドルームは全部で6つありまして、すべてにクローゼット、バスルームが併設されています。主寝室には夫婦それぞれに洗面台が用意されているほか、ちょっとした書斎もついています。読書や昼寝にぴったりですね。

1階はもちろん、2階にも広いリビングルームがあり、家族が集まれます。さらに、段差がないことや、エレベーターがついていることなど、ご高齢の方への気づかいも十分です。

自分の好きな場所で、自分の好きなように過ごせる、とてもラグジュアリーな住まいだと思います。

kamata
鎌田

ご紹介ありがとうございます。

sachi
サチ


ロックダウンの状況でも、こんなに素晴らしい物件のご案内ができることを嬉しく思います。ぜひ動画をじっくりご覧ください。

対談様子の画像

※この対談は、2020年8月28日に日本とハワイを結んだWebミーティングで行われました。

注目物件
4714 Kahala Avenue, Honolulu, HI 96816

関連記事
UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年6月)リーマンショックvsコロナショック。

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年7月)フラクショナルシェアに注目!

UpdateHawaii ハワイ不動産の“今”(2020年8月)ホテルコンドミニアムを手に入れるチャンス。

ハワイの不動産探しならオープンハウス
オープンハウスグループだからできる、ハワイ不動産の魅力

ハワイ不動産の物件はこちらから

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

お選びくださいませ。みなさまのご要望に合わせ