mv

若林洋平氏(第2回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。
インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

ワンフレーバーを貫き、ブランドを磨いていきたい

鎌田副社長-1
鎌田

非常に興味深いビジネスの立ち上げ方ですね。マーケットはどう開拓されました?

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

飛び込みです。

鎌田副社長-1
鎌田

いいですねえ!

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

レストランの休憩時間に飛び込み訪問して「こういうビールですが、ぜひ一度試飲していただけますか」とお願いし、次のアポイントを取って、飲んでいただくことを繰り返しました。するとシェフやソムリエが「いいですね。確かにこういうビールはなかった」と言ってくれ、お店に置いてくれたんです。

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第2回)

鎌田副社長-1
鎌田

セールスインはうまくいったとしてもセールスアウト、つまりお店のお客にいかに飲んでもらうかというのも重要ですね。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

おっしゃるとおりです。そこはソムリエが私たちのコンセプトをお客さまにご紹介くださいました。お客さまもソムリエに勧められると「じゃあ飲んでみるか」となる。そのお客さまが違うレストランに行って「“ロココ”というビールはありますか」と聞いてくれるから、オーナーから当社に問い合わせが来る。その過程でメディアにも取り上げられるようになりました。現在では一切の営業活動をしていません。

鎌田副社長-1
鎌田

順調ですね。となると、そろそろ次の商品も、とお考えなのでは。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

フレーバーを増やす考えはないんです。『ROCOCO Tokyo WHITE』が支持されている理由の1つがワンフレーバーであることなので、今後はブランドの強みを掘り下げていきたいと思っています。

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第2回)

鎌田副社長-1
鎌田

これは素晴らしい。1つがヒットすると中華料理向けだとか、濃いめだとか、多角化するケースがよくありますよね。そうではなくてブランドの魅力をとことん磨き上げていくということですね。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

コロナ禍の時代、人と食事をする機会は大きく減りました。回数が減った分、1回の食事を大切にし、よりよいお店、よりよい料理を楽しもうという気持ちが強くなっています。そうした特別なオケイジョンにふさわしいのが『ROCOCO Tokyo WHITE』なんです。そんな価値観を広げていきたいですね。『ROCOCO Tokyo WHITE』は決して何杯もお代わりするようなビールではありません。大切な人と過ごす大切な時間の1杯目に飲んでいただきたいビールで、それが私たちの考えるラグジュアリービールです。

鎌田副社長-1
鎌田

海外展開はいかがですか。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

将来的には検討したいと思っていますし、実際にさまざまな国のレストランからお問い合わせをいただいています。ただ今はまずホームマーケットの日本で戦っていきたいですね。私は日本のファインダイニングは世界一だと思っていますし、事実、ミシュランの星付きレストランが最も多い都市は東京です。そんなマーケットで愛されるラグジュアリービールとなることが、今は最優先です。

鎌田副社長-1
鎌田

嬉しいですねえ。ぜひそのスタンスを貫いていただきたいと思います。

『 Margotto e Baciare』

トリュフをまるごと1つ使ったコースが堪能できるファインダイニング。ラグジュアリーな空間で、「熱いものは熱く、冷たいものは冷たく」という姿勢を大切に、本物の食材だけを使った料理がお楽しみいただけます。
東京都港区西麻布4-2-6 菱和パレス西麻布 1F(広尾駅から徒歩8分、六本木駅から徒歩11分)
※要予約 03-3406-8776。詳しくはhttps://www.margotto.jp/

『 Margotto e Baciare』


関連記事
日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第1回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第3回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第4回)

オープンハウスの米国不動産投資
業界初!ワンストップサービスを提供し、名実ともにアメリカ不動産投資のパイオニアに。

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。


※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

7月15日(月) 、7月16日(火) 、7月17日(水) 、7月18日(木) 9:30~19:30
弊社コンサルティングスタッフ

【全国オンライン対応可能】年10日から購入できる「NOT A HOTEL」個別相談セミナー

ご希望日程よりご選択ください。
弊社コンサルティングスタッフ

【オンライン対応可能】年間14日から購入できる旧軽井沢エリア別荘「GLAMDAY STYLE TEITAKU 水ノ星」個別相談会

6月11日(火)9:30~19:30
浅井 聡

【限定公開】ハワイ不動産の今 資産運用に最適なエリア3選!

7月18日(木)13:00~14:00
伊東 陽生

【オンライン開催】トップコンサルタントが語る年収2000万円以上の方のための アメリカ不動産投資セミナー

7月23日(火)17:00~18:00
浅井 聡

【限定公開】ハワイ不動産の今 資産運用に最適なエリア3選!

7月31日(水)13:00~14:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧