オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

Discovery~賢者の習慣

オープンハウス副社長・鎌田和彦が、
成功者たちの共通点やお金に対する考え方を探ります。

Facebook Twitter

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第1回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第1回)

Maison Rococo株式会社 CEO 若林洋平氏

ゲストMaison Rococo株式会社 CEO 若林洋平氏

1987年、東京都生まれ。中学から大学院までの11年間アメリカへ留学。ニューヨーク州にあるロチェスター大学(マーケティング修士)卒業後、日本へ帰国。外資系消費財メーカーにて複数カテゴリーのブランド・マネジメントに従事。世界で最もミシュラン星付きレストランが多く、ファインダイニングのリーダーである東京で、投資銀行出身のマルティネス・キース、ブラントレイ・ジェレルとの3名によって、20171月に日本初のラグジュアリービール『ROCOCO Tokyo WHITE』を立ち上げる。

鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。
インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

なぜレストランではビールを頼みづらいのか

鎌田副社長-1
鎌田

『ROCOCO Tokyo WHITE』をいただきましたが、瑞々しくて、爽やかですね。シルキーでなめらかだし、食前酒には最適でしょう。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

ありがとうございます。鎌田さんのようなワインラバーにも喜んでいただけるビールなんです。ファインダイニングの料理は繊細なものが多く、一般的なビールだと強すぎてしまい、主役である料理の味をじゃましちゃうんです。『ROCOCO Tokyo WHITE』は大切な人と特別なお店で特別な料理を味わう、そんな特別な時間のためのビールとしてつくりました。

鎌田副社長-1
鎌田

そもそもなぜビールをつくろうと思い立ったのですか。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

10年来の友人であるマルティネス・キース、ブラントレイ・ジェレルと東京の有名レストランで食事をしながら「なぜこういうお店ではビールを頼みにくいんだろう」と話したことがきっかけでした。ビールで乾杯したくても、なんとなくシャンパンじゃなきゃダメなような空気があります。

Maison Rococo株式会社 CEO 若林洋平氏

鎌田副社長-1
鎌田

ありますねえ。よくわかります。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

せっかく日本には「とりあえずビール」という習慣があるのに、ファインダイニングでは頼みにくいんです。かといってコンビニで売っている普通のビールが飲みたいかというと、それはそれで特別なレストランの特別な食事にふさわしいとは思えない。ならばいっそ自分たちでメイド・イン・ジャパンのハイクォリティなビールをつくろうか、という話になりました。

鎌田副社長-1
鎌田

なるほど、私にはその発想はなかった。レストランではシャンパーニュという常識にとらわれていました。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

ジェレルは大手投資銀行を経てグローバルなビールメーカーで働いており、キースも大手投資銀行で経験を積んだ後にラグジュアリーファッションブランドに入社しました。私は外資系メーカーでブランドマネジメントの仕事に就いてしました。この3人がそれぞれの強みを活かせば、きっと自分たちの望むビールづくりができると思ったんです。

1-2

鎌田副社長-1
鎌田

ジェレルは大手投資銀行でも、志は高くとも、実際にビジネスをしていくにはさまざまなハードルがあったでしょう。まずは資本ですね。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

工場を自分で持つと莫大な資金が必要ですから、既存の工場にOEMで製造を委託することにしました。またレシピ開発は、カリフォルニアのビールコンサルティング会社に依頼しました。アメリカにはビール会社が8000社以上もあり、専門のコンサルティング会社もあるんです。その会社はレシピ開発で30年以上の実績がありました。私たちがやろうとしても今から30年もかかってしまいますから、私たちはプロデューサーに徹して、生産は委託した方が合理的です。

鎌田副社長-1
鎌田

工場を自分で持つと莫大確かに。核となるコンセプトワークやプロデュースは自分でやって、それ以外のところはその道のプロにアウトソーシングする。実に今日的なビジネススタイルですね。

CD23F586-6147-4AB3-BCD0-DDE3DC4A1C79
若林

アメリカで試作したサンプルを送ってもらって、希望をフィードバックする形で進め、18ヵ月かかって思った通りの味にたどり着きました。


『 Margotto e Baciare』

トリュフをまるごと1つ使ったコースが堪能できるファインダイニング。ラグジュアリーな空間で、「熱いものは熱く、冷たいものは冷たく」という姿勢を大切に、本物の食材だけを使った料理がお楽しみいただけます。
東京都港区西麻布4-2-6 菱和パレス西麻布 1F(広尾駅から徒歩8分、六本木駅から徒歩11分)
※要予約 03-3406-8776。詳しくはhttps://www.margotto.jp/

『 Margotto e Baciare』

関連記事
日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第2回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第3回)

日本初のラグジュアリービールで、食文化を変える。(ゲスト 若林洋平氏:第4回)


オープンハウスの米国不動産投資
業界初!ワンストップサービスを提供し、名実ともにアメリカ不動産投資のパイオニアに。

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。


アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る