オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

投資家様の声

アメリカ不動産投資を始めた理由、想定外のトラブルなど
オーナー様の実体験を集めました。

Facebook Twitter

オーナー様インタビュー Voice23 医療福祉コンサルタント事業会社経営者 金子務様(49歳)2020年購入

オーナー様インタビュー Voice23 医療福祉コンサルタント事業会社経営者 金子務様(49歳)2010年購入

医療福祉コンサルタント事業会社経営者 金子 務様(49歳)2020年購入

アメリカ経済とともに私も成長したいですね。

──金子様のお仕事を教えてください。

介護事業所を経営すると同時に医療コンサルタントをしています。

──アメリカ不動産ご購入のきっかけはどのようなことでしたでしょうか。

もともとは私が取引きしている証券会社さんから提案がありました。

──どんな印象でしたか。

証券会社さんのご提案は「株式の他に不動産もどうですか」くらいの軽いものでしたし、私も当初はまったく興味ありませんでした。

──ではご購入に至った理由は。

私は既に米国株を持っており、その成長率の高さを目の当たりにして、アメリカ経済の力強さは感じていました。少子高齢化の日本には閉塞感がありますが、アメリカのマーケットは人口増加とともに元気があるな、と。さらにそれは今後も続くだろうと確信していました。

オーナー様インタビュー Voice 23 医療福祉コンサルタント事業会社経営者 金子 務様(49歳)2010年購入

──昨今の新型コロナ感染の拡大などは懸念点ではなかったですか。

不動産という高額な買い物なのに、コロナで現地を見に行くことができないというのは、正直デメリットには感じました。しかしさまざまなデータや資料をオープンハウスさんが用意してくださったこと、また自分でも調べたり、ストリートビューを使って街の様子を見たりしたことで、最終的には納得して購入しました。

──今回、法人名義でご購入いただきましたが、それには理由がございますか。

税制の改革があったこともありますが、いちばん大きいのは、法人で加入している生命保険の解約返戻金が出たタイミングでしたので、ここに減価償却を当てるのが有効だと考えたことです。大きな買い物はタイミングも重要だと思います。

──今回のご購入、振り返っていかがですか。

アメリカ不動産市場の素晴らしさと凄さを改めて感じています。このポジティブな波の中に自分もいることで、自分自身も成長できるのではないかと思っています。投資はインカムやキャピタルゲインを考えがちですが、10年後のことはわかりません。そうした割り切りができるなら、チャレンジする価値はあると思います。環境とタイミングが合えば、ぜひおすすめします。

──将来についてお聞かせください。

仕事がら、私は世界中の子どもたちの貧困について心を悩ませることが多くあります。自分としてもその解決に向けて関わっていきたいと思っており、今回のアメリカ不動産投資がうまくいったら、そんな夢も実現させたいですね。

CF10EFCA-FA01-4C54-801E-A58E2BC3C523
聞き手 当社広報ディレクター 多田千佳子

※この取材は2020年11月24日に弊社「GINZA XI」ラウンジ(東京・銀座)で行われました。

関連記事

オーナー様インタビューVoice18 輸入販売事業会社経営者 坂巻利親様(42歳)2020年購入

オーナー様インタビューVoice19 保険代理事業会社経営者 伊藤由美子様 2020年購入

オーナー様インタビューVoice20 外資系会社 会社員 K.N.様 2019年購入

オーナー様インタビューVoice21 コンサルティング教育事業会社経営者 岡哲也様 2019年購入

オーナー様インタビューVoice 22 特許事務所所長 弁理士 山内博明様(46歳)2018年購入

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る