mv

イーロン・マスク、営利活動の是非をめぐってOpenAIを提訴。

1.設立時の「非営利目的」の合意が反故にされたと主張

2024年2月29日、イーロン・マスク氏は自ら設立したOpenAIとその関係企業・関係者らを提訴しました。

訴えられたのは、マスク氏とともに同社を設立したメンバーの一員であるサム・アルトマン氏とグレゴリー・ブロックマン氏、およびOpenAI関連の複数の法人(OpenAI Inc., OpenAI L.P., OpenAI LLC, OpenAI GP LLC, OpenAI OpCo LLC, OpenAI Global LLC, OAI Corporation LLC, OpenAI Holdings LLC)です。

提訴理由として、契約違反、約束の不履行、信託義務の違反、不公正競争、会計請求など複数挙げられていますが、最も強調されているのは設立時に交わした「非営利目的」の合意を反故にされたという主張です。OpenAIは、大きな可能性とリスクの両方を秘めたAIを、人類全体の利益に寄与させるために設立されましたが、現在の同社は営利のために公益性が損なわれているというのです。

2.Microsoftとの提携によるソースコード非公開化を厳しく批判

その具体例として挙げられているのが、Microsoftとの巨額の資本業務提携とそれによるオープンソースの形骸化です。

OpenAIは設立当初から、自社のAI製品が人類に悪影響を及ぼさないように、ソースコードを公開し、透明性を担保してきました。ところが2020年にMicrosoft社への独占的ライセンス許与がはじまったことで、最新バージョンのコードが非公開化されてしまいました。

マスク氏としては、そもそも非営利構造が成り立っていたOpenAI Inc.を、OpenAI L.P.をはじめとする関係法人を設立して営利活動が可能なようにしたこと自体にも納得が行っていないようです。

裁判はこれからですが、マスク氏の訴えが認められた場合には、OpenAIはもちろん、提携相手であるMicrosoftや、他のAI開発企業にも影響が及ぶ可能性があり、その動向に注目が集まっています。



注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

6月17日(月) 、6月18日(火) 、6月19日(水) 、6月20日(木) 9:30~19:30
弊社コンサルティングスタッフ

【全国オンライン対応可能】年10日から購入できる「NOT A HOTEL」個別相談セミナー

ご希望日程よりご選択ください。
弊社コンサルティングスタッフ

【オンライン対応可能】年間14日から購入できる旧軽井沢エリア別荘「GLAMDAY STYLE TEITAKU 水ノ星」個別相談会

6月11日(火)9:30~19:30
永田 葉月

【アーカイブ配信】ご好評につき、追加開催決定!!人気のリゾート物件とは

6月18日(火)17:00~17:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】ご好評につき、追加開催決定!!円安の時にアメリカ不動産投資をする理由

6月20日(木)13:00~13:45
浅井 聡

【限定公開】ハワイ不動産の今 資産運用に最適なエリア3選!

6月27日(木)18:00~19:00
浅井 聡

【限定公開】ハワイ不動産の今 資産運用に最適なエリア3選!

6月29日(土)13:00~14:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧