オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

最も経済的活気のある都市はどこ? 不動産投資の参考にもなる世界都市ランキングをご紹介【前編】

最も経済的活気のある都市はどこ? 不動産投資の参考にもなる世界都市ランキングをご紹介【前編】

Highlights

  • 英・シュローダー社が発表する世界の都市ランキングをご紹介
  • 経済面をはじめ、環境面やイノベーション面なども考慮したランキング
  • 上位30都市のうち、17都市をアメリカ一国で占める結果に

不動産投資の参考にもなる世界の都市ランキングをご紹介

不動産市場は、街そのものの景気や成長性に大きく左右されます。

一般的に売価や家賃といった不動産の価値は、経済的に成長している都市や将来的発展が見込まれる都市で上昇しやすく、逆に後退している都市では下がりやすい傾向があります。つまり「都市の成長度」は、効果的な不動産投資を行う上で考慮しておくべき非常に重要なファクター。

そこで今回は1804年創業のイギリスの老舗アセットマネジメント専門企業・シュローダー社が公開している世界の都市ランキング「グローバル・シティズ・インデックス」をもとに、不動産投資の参考にもなる世界の有望都市をご紹介。以下が上位30カ国のランキングです。

上位30カ国のランキング

 

経済、環境、イノベーションがスコアリングの大きな基準に

「グローバル・シティズ・インデックス」は経済的に活気のある世界の都市を格付けするために、主に以下の項目を参考に算出されているランキング。

・15歳以上の人口
・可処分所得の中央値
・小売売上高
・都市単位のGDP

これら「経済面」に関わる項目だけでなく、地震リスクや、水やエネルギー資源の質、環境政策の充実度といった「環境にまつわる要素」や、質の高い教育を提供する教育機関や雇用の充実度といった「イノベーションを促進する要素」なども考慮されています。

上記のランキングは2020年1月に発表された「グローバル・シティズ・インデックス」の最新版で、スコアリング対象に選ばれた世界約900都市のうちのトップ30となっています。堂々の1位はロサンゼルス、2位にロンドン、3位に香港が名を連ねる結果となりました。

 

上位30都市中、17都市がアメリカという圧巻の結果

地域別に見ると、アジアから香港・シンガポール・北京・上海の4都市、ヨーロッパからロンドン・パリ・マンチェスター・ストックホルムの4都市、オセアニアからシドニー・メルボルン・ブリスベン・パースの4都市、そして北米からはなんと18都市がランクインしています。日本の都市は残念ながら、ランキング圏外。また北米18都市とは言いつつも、アメリカ以外の都市はカナダのトロントのみ。17都市をアメリカ一国で占めるという他地域を圧倒する結果になりました。

アメリカがここまで圧倒的な結果を残した要因は、「各スコアのバランスの良さ」と「都市同士の相乗効果」によるところが大きいようです。

例えば、環境面だけを見ると上位にスコアリングされているものの、経済面とイノベーション面がいまいちパッとしないヨーロッパ。それとは対照的に、環境面の充実度が大きく足を引っ張っているアジア。各スコアのバランスは良いものの、都市間の距離が離れており、相乗効果が期待しづらいオセアニア。

これらいずれかの要素に穴がある各地域に対し、アメリカの都市は特定の項目で上位のスコアを取りつつ、その他の項目にも全体的に大きな穴が見られないバランスの良い傾向があります。また上位の都市間の距離が近いことで、都市同士の魅力を互いに引き上げているような側面もあります。

オープンハウスがアメリカ現地で物件を提供している都市も多くランクイン。記事後編では、ランクインした各都市の具体的な魅力をご紹介していきます。

 

関連記事
【アメリカ不動産用語解説】Vol.1「クラス(class)」−不動産の価値を表す3つのランク

【アメリカ不動産用語解説】Vol.2「Cash on Cash Return (CCR:キャッシュ・オン・キャッシュ・リターン)」

【注目の海外プロップテック企業】第1回:Snapdocs(住宅ローン契約のオンライン化ソリューション)

【注目の海外プロップテック企業】第2回:Local Logic(ロケーション・インテリジェンス

最も経済的活気のある都市はどこ? 不動産投資の参考にもなる世界都市ランキングをご紹介【後編】

まずはお気軽に資料請求
エリアや物件の最新情報、シミュレーションサンプルなど無料プレゼント!
アメリカ不動産の利点やリスクが分かる、動画セミナーも限定配信!
>>資料請求はこちらから<<

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る