オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

Discovery~賢者の習慣

オープンハウス副社長・鎌田和彦が、
成功者たちの共通点やお金に対する考え方を探ります。

Facebook Twitter

人の幸せのための仕事が自分を幸せにする (ゲスト 小山 薫堂 氏:第1回)

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 小山 薫堂氏

ゲスト株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 小山 薫堂氏

放送作家。脚本家。1964年に熊本県天草市に生まれる。大学在学中に放送作家としての活動を開始し、これまでに「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」など斬新な番組を数多く企画・構成。初の映画脚本となる「おくりびと」では、第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、 第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。くまモンの生みの親でもある。

株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。 インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

夢中であれば、苦労や努力も苦にならない

IMG_2308

kamata
鎌田

いつもお忙しそうですが、何プロジェクトぐらい、同時進行されているんですか?

IMG_2366s
小山

いやあ、わからないなあ。数えたことはないですね。中には頼まれたきり、忘れちゃったものもあるかもしれません。

kamata
鎌田

商売っ気がないんですね。

IMG_2366s
小山

まったくないです。僕を頼ってこられる方の力になってあげたい、その人の熱量にできるだけ応えてあげたいとか、そういう思いで仕事を引き受けています。目先の利益とか考えないですし、今は儲からなくても、長い目で見て結果的にうまくいけばいいと考えています。

kamata
鎌田

タダで引き受けちゃうことも?

IMG_2366s
小山

ああ、ありますよ。

kamata
鎌田

仕事と遊びの区別をあまりお持ちでないのかもしれませんね。

IMG_2366s
小山

昨夜も深夜2時半まで会議をしていたんですが、僕にとっては友人と朝まで飲みながらしゃべっているのと同じ感覚です。仕事と遊びの区別はないですね。一人でボーッとしている時間ってお風呂の中ぐらいです。

IMG_2428

kamata
鎌田

いわゆる自分だけの時間というものがほとんどない。

IMG_2366s
小山

飛行機など、移動中ぐらいですかね。基本的に日中はだいたい人と会っていますし、それ以外の時間は書き物をしています。その意味では移動中も書き物をしているから、仕事ということになります。

kamata
鎌田

お休みはないんですか。

IMG_2366s
小山

土日は会議を入れないようにしていますが、書き物をしているので、仕事をしていることになりますね。先日は別府に泊まったんですが、そこでも書き物をしました。書かなければ単なる温泉旅行なんですが。

kamata
鎌田

そういう生活をいつ頃から続けていらっしゃるんですか。

IMG_2366s
小山

大学を卒業してからですから、35年くらいですかね。それが自分にとって当たり前になっているから、同じ基準を人に求めてしまうんですよ。なんでわざわざ出張に行くというのに、アポが一つしか入ってないんだ、とか。だから「自分と同じことを人に求めないでくれ」ってよく叱られる。

kamata
鎌田

確かに薫堂さんのようなスタイルは、「働き方改革」とは相容れないかも。

IMG_2366

IMG_2366s
小山

本当に働き過ぎている人のために「働き方改革」を導入するのは大賛成なんですよ。でも、働いていない人に合わせて「働き方改革」を進めるのはどうなんだろう。「働き方改革」が、怠けるための理由になっちゃダメだと思うんです。「努力は夢中に勝てない」って言われますが、夢中なときは苦労や努力も苦にならないんです。

kamata
鎌田

確かにそうです。

IMG_2366s
小山

テレビの世界では、人に技術を教えてくれませんから、若手が何かを得たいと思ったら自分で盗みにいくしかないんです。ところが若いADがベテランに夜中までくっついていこうとすると、「働き方改革」だから帰らなきゃダメだと言われる。若い世代が育つチャンスを奪っているわけです。どうかと思いますよ。

関連記事
人の幸せのための仕事が自分を幸せにする(その2)

オープンハウスの米国不動産投資
オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。