オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

Discovery~賢者の習慣

オープンハウス副社長・鎌田和彦が、
成功者たちの共通点やお金に対する考え方を探ります。

Facebook Twitter

ドキュメンタリー作家はなぜ事業家として成功したのか。(ゲスト 井川 幸広 氏:第1回)

株式会社クリーク・アンド・リバー社代表取締役社長 井川 幸広 氏

ゲスト株式会社クリーク・アンド・リバー社代表取締役社長 井川 幸広 氏

株式会社クリーク・アンド・リバー社代表取締役社長。1960年佐賀県生まれ。毎日映画社に勤めた後に独立し、ドキュメンタリー番組等のフリーディレクターとして活動。1990年、クリーク・アンド・リバー社を設立。TV・映画・ゲーム・WEB・広告/出版・作家・医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、食、研究、舞台芸術、リサーチの15分野でプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開。2016年、東証一部に上場。

kamata株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。 インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

極貧のフリー時代も、野心は尽きなかった

DSC01994

kamata
鎌田

ご出身は佐賀県ですね。

DSC02000
井川

ええ、よく“何もない”と言われる佐賀です。江戸時代に『葉隠』が書かれたのは佐賀県なんですが、葉隠れの本来は質素倹約という意味なんです。ただ、土地が狭くて、次男坊は大きくなったら外へ働きに出るしかなかった。だから佐賀県出身の経営者は、案外多いんですよ。

kamata
鎌田

働き者の土地なんですね。そんな佐賀県で、どんな幼少期を送られましたか。

DSC02000
井川

父が九州電力でダム設計の仕事をしていたので、山での暮らしが多かったですね。隣の家は500m先だとか、小学校へ通うのにバスを1本逃すと2時間歩かなければならなかったとか。引っ越しも多くて、小学校時代は45回転校しました。

kamata
鎌田

中学からはサッカー漬けだったそうですね。

DSC02000
井川

中学、高校とずっとサッカーです。中学では県大会2位で、高校でも県の2位まで行きました。ポジションはセンターフォワードで、ゴールの前で飛び出して点を取るタイプです。母校は今でもサッカーの強豪ですよ。

DSC02007

kamata
鎌田

小学校時代は山の中で野生児のように暮らして、中学、高校はサッカー漬けだったと。だから井川さん、今も体力があるんですね。

DSC02000
井川

そうかもしれません。今でも二晩の徹夜は平気ですし、会食も週に5日は二次会まで行きますよ。

kamata
鎌田

週に5日! それはスーパーだなあ。

DSC02000
井川

二次会、三次会でなければ会えない方もいらっしゃいますからね。

kamata
鎌田

健康法はあるんですか。

DSC02000
井川

断食はとてもいいですよ。年に一回断食しているんですが、その後は健康診断の結果も非常にいいです。あと、サプリメントはいろいろ飲んでます。もっとも、新しいサプリが出るとすぐに飛びついて、すぐに飽きてしまう。

kamata
鎌田

飽きっぽいんですね。

DSC02000
井川

せっかちなんですよ。エレベーターも、行き先階を押す前にまず「閉」のボタンを押しちゃうし、コース料理も面倒だからすぐにメインを出してもらう。小学校では1年から6年まで通知表に「落ち着きがない」って書かれました。

kamata
鎌田

最初に就職した会社を1年で辞められたのも、せっかちだったから?

DSC02000
井川

というか、フリーになりたかったんです。最初はサラリーマンとしてニュース映画などを制作していたんですが、優秀な人はみんなフリーランスなのを見て、自分も一日も早くフリーとして活躍したいと考えて会社を辞めたんです。ただ、それからは大変でした。甘くはなかったですね。

kamata
鎌田

お金もなかった。

DSC02130

DSC02000
井川

帰省はヒッチハイクで、総額250円で佐賀まで帰ったこともありましたよ。当時住んでいたのは家賃7500円くらいの風呂なし、トイレ共同のアパートだったんですが、金がないから銭湯にも行けない。そんな状態でとにかくドキュメンタリー番組の企画書を書いてはコンペに出し、落ちてはまた書くという繰り返しでした。

kamata
鎌田

でも、大きな賞を取ることができたんですよね。

DSC02000
井川

ええ。“これが最後かも”と思って応募したドキュメンタリーのコンペが通ってしまったんです。ところが、どうせ通らないだろうと思って立てた無茶な企画だったから、実際に制作したら絶対に赤字になるという内容で、誰もやりたがらない。結局「誰もやらないから企画を立てたお前がやれ」ということになって、監督まで引き受けることになってしまいました。

でも、おかげで次から次へと仕事が舞い込むようになって、ギャラも企画書15万円だったのが10万円、50万円とあがっていきました。コンペの勝率は3割5分を超えてましたね。

kamata
鎌田

よくそんなに次から次へと企画が出てきましたね。

DSC02000
井川

コンペのテーマが決まったら、まず神田の古本屋街に行って関連する本を10冊買ってくるんです。最初の3冊は読んでもちっとも理解できない。ところが4冊目から7冊目では、書いてある言葉がわかるようになる。そして8冊目から10冊目になると内容も頭に入ってきます。そんな具合に知識を増やしていきました。だから部屋の中は本だらけでしたねえ。本代のために60円のインスタントラーメンを割って、13回に分けて食べていたこともありました。さすがに栄養失調になりましたが。

関連記事
ドキュメンタリー作家はなぜ事業家として成功したのか。(その2)

ドキュメンタリー作家はなぜ事業家として成功したのか。(その3)

オープンハウスの米国不動産投資
オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。