mv

カリフォルニアで住宅価格が「過大評価」されている?

収入に対する住宅のコストが上昇傾向にあるアメリカ

アメリカでは地域によって家の手に入れやすさが大きくことなります。地域内の収入水準に対して住宅が安価なお買い得エリアもあれば、収入水準に対し家が高すぎる「過大評価」エリアもあります。投資する際にはお買い得エリアにばかり注目しがちですが、失敗を避けるために買うべきではないエリアも知っておきたいものです。

米不動産メディア「U.S.NEWS」は、地域ごとの世帯収入の中央値と住宅ローンの支払金額の中央値を調べ、家の手に入れやすさを調査しました。調査によると、全米のローン支払いの中央値は利上げ開始以降急上昇しており、2022年末時点で世帯収入中央値の36.6%に達しています。2020年1月時点ではおよそ22%程度だったといいますから、その急騰ぶりが分かります。しかし、この数字が甘く思えるほどに住宅が高いエリアが存在します。

家を買うにも借りるにも、全米ワーストクラスのコストがかかるカリフォルニア州

最も「過大評価」されている、つまり収入に対して住宅が高すぎるエリアは、カリフォルニア州サンフランシスコ周辺で、ローン支払い額の中央値は収入中央値の66.7%。収入の3分の2がローン支払いに費やされる計算で、一般的な家庭ではとても手が出ないことが分かります。

2位以下も5位までカリフォルニア州が独占しており、2位のロサンゼルス周辺で64.2%、3位サンディエゴ周辺が63.7%、4位リバーサイド周辺は61.6%、5位のサンジョゼ周辺になってやっと6割を下回り56.7%という数字に。州内で一番お手頃なサクラメント周辺でさえ、49.5%で全米7位でした。

家が買えないのであれば賃貸に住むしかないわけですが、それも簡単ではありません。カリフォルニア州は家賃の高さも最高水準で、全米ワーストのリバーサイド周辺では、家賃の中央値は世帯収入の中央値の58.0%まで高騰。2位サンディエゴが48.5%、3位ロサンゼルスは44.8%、8位サクラメント40.0%と4エリアが40%を超えており、ここでも全米の35.8%を大きく上回る結果に。家を買うにも借りるにも莫大なコストがかかるカリフォルニア州ですが、この傾向はいずれ落ち着くのでしょうか?


注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

4月15日(月) 、4月16日(火) 、4月17日(水) 、4月18日(木) 9:30~19:30
弊社コンサルティングスタッフ

【全国オンライン対応可能】年10日から購入できる「NOT A HOTEL」個別相談セミナー

ご希望日程よりご選択ください。
●伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

いまさら聞けない!! アメリカ不動産投資 VS 新NISA、どちらが良いの?

4月18日(木)17:00~17:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

“円安”のときこそ、アメリカ不動産投資を始めるべき!~今だからこそ「アメリカ不動産」に注目すべき理由~

4月23日(火)17:00~17:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】いまさら聞けない!!  アメリカ不動産投資 VS 新NISA、どちらが良いの?

4月24日(水)13:00~13:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】“円安”のときこそ、アメリカ不動産投資を始めるべき!~今だからこそ「アメリカ不動産」に注目すべき理由~

4月30日(火)13:00~13:45
●柏野 将史様(K-innovate株式会社 代表取締役)●伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

激動の経済!どう資産運用する? ≪利回り≫や≪税金対策≫に使える海外不動産投資術

5月09日(木)17:00~18:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧