オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

アメリカ不動産アカデミーVol.30 ロサンゼルスの不動産市場予測2021(2021年2月8日時点)

 

ロサンゼルスの不動産市場 2020年12月

今週は、2021年にカリフォルニア州、なかでもロサンゼルスの不動産市場がどのように動くのか米国専門家の予測を紹介します。

まずはカリフォルニア州全体から。もともと、住宅価格上昇傾向が続いていたカリフォルニア州。2020年はパンデミックの影響を受けたものの、ゆるやかに回復してきています。特に、一戸建て住宅の需要は根強いものがあります。CaliforniaAssociation of Realtors (CAR)が発表したデータによると、2020年12月の一戸建て住宅の販売状況は、件数ベースで昨年同月比28%増、価格の中央値も614,880ドルから717,930ドルへと16.8%上昇しました。

州全土が好調ななか、ロサンゼルスの不動産市場も同様の好調ぶりを見せています。販売件数は31.6%増、販売価格の中央値は550,000ドルから625,250ドルへと13.7%上昇しました。

一方で、消費者の意識はまだ回復しきっていないのかもしれません。CARが調査した月次消費者住宅感情指数によると、「今は家を買うのに良いタイミングだ」と考えている消費者は約25%。これは昨年同月とほぼ同じ水準です。逆に考えれば、まだまだ伸びしろがあるとも言えます。

ロサンゼルス州の不動産市場予測2021

米国不動産会社のZillowによると、2012年以降、ロサンゼルスの住宅価格の中央値は99%近く上昇しており、具体的には399,000ドルから794,935ドルになりました。この数字は、不動産メディア「NeighborhoodScout.com」が提供しているデータ(過去10年間で94.32%上昇)ともほぼ一致しており、信頼できるデータであるといえるでしょう。

過去の数字をもとにZillowが予測する今後12か月のロサンゼルスの住宅価格上昇率は10.5%です。彼らは、コロナ禍がもたらした歴史的な低金利の住宅ローンと、長らく解消されない住宅在庫の不足が、住宅価格をさらに押し上げるだろうと考えています。

コロナ禍で高まった、自宅オフィスや庭のある広い物件や、郊外や農村地域など都市部から離れた物件のニーズもロサンゼルスやカリフォルニア州にとっては追い風です。

好材料が多いカリフォルニア州ですが、CARのシニアバイスプレジデントであるレスリーアップルトンヤングが、「カリフォルニアの住宅市場は引き続き経済の明るい場所ですが、回復の方向とペースは、新型コロナウイルスの流行とワクチンの配布にかかっています」というように、パンデミックの行方と市況が連動することが予想されます。

オープンハウスが2月13日にロサンゼルスセミナーを開催

ロスバナー

★1年振り!待望のロサンゼルスセミナー開催決定

世界第一位!投資先として注目を集めるロサンゼルスを現地不動産鑑定士のKimi氏が解説!

【オンライン開催】2021年2月13日(土) 11:00~12:30

オープンハウスが2月13日にセミナーを開催1年振り!待望のロサンゼルスセミナーの開催決定。現地ロサンゼルスの不動産鑑定士Kimi氏によるセミナーです。

2028年オリンピックが開催決定となり、更なる観光・映像産業などの経済成長が期待されている憧れの都市「ロサンゼルス」。2020年1月に発表された「グローバル・シティズ・インデックス」の最新版で、不動産投資の参考にもなる世界の有望都市の中、堂々の”第一位”に選出されるなど注目されています!
詳しくはこちらの記事を参照ください。

今回のセミナーでは、ロサンゼルスに20年以上住み、現地で不動産仲介と不動産鑑定士の資格を有するKimi氏。おそらく日本人トップレベルでロサンゼルスの不動産を知り尽くしているKimi氏によるセミナーです。世界第一位の都市であるロサンゼルス、そんな都市に関する最新不動産マーケットについてKimi氏と、オープンハウス・アメリカ不動産事業コンサルティングMGRの飯田が寒さも吹き飛ぶ熱量で語ります!

▶セミナーの申し込みはこちらから

関連記事

アメリカ不動産アカデミーVol.25 「新型コロナウイルスのワクチンに関する状況とテキサス州ダラス・フォートワース都市圏における不動産市況」(2020年11月26日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.26 次期大統領への政権移行状況とジョージア州アトランタの最新住宅情報(2020年12月4日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.27 カリフォルニア州のロックダウンとジョージア州アトランタへの移住人気(2020年12月11日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.28 新型コロナウイルスのワクチンに関する情報と2021年のテキサス州住宅市況の展望(2020年12月18日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.29 2006年依頼以来、好調なアメリカ不動産市況(2021年2月1日時点)


オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る