オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

Discovery~賢者の習慣

オープンハウス副社長・鎌田和彦が、
成功者たちの共通点やお金に対する考え方を探ります。

Facebook Twitter

「好き」「嫌い」。自分の軸を知ることで人生が豊かに(ゲスト 爲永 清嗣氏:第1回)

ギャルリーためなが代表取締役 爲永 清嗣 氏

ゲストギャルリーためなが代表取締役 爲永 清嗣 氏

1969年、西洋絵画の名匠と扱う画廊として設立された『ギャルリーためなが』2代目、代表取締役社長。常に名品を世に送り出すことを目的に半世紀以上の歴史を持つ。美術館やコレクターに名品を納める一方で、才能ある芸術家を育て、世界に紹介することを目標としている。現在は、東京、パリ、大阪に画廊を構えつつ、日本とフランスに留まらず、アジアやアメリカの美術界の芸術活動に注力している。

株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

インタビュアー株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。 インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

やりたいことは実は身近に存在していた

kamata
鎌田

このフリップ、「仕事」「健康」「趣味」「交友」「家族」の五角形になってますが、それぞれ1~5で人生における優先順位をつけて欲しいのですが。

face
爲永


う~ん、「家族」が5で、あとはどうでもいいなあ。

DSC_1770

kamata
鎌田

ほんとですか? 家族以外はどうでもいいということですか?

face
爲永

はい。仕事はお客様や社員がいるので、どうでもいいとは言いませんが、この5つだと「家族」以外ないですね。

kamata
鎌田

さすがですね。「趣味」はいかがですか?

face
爲永

そういう意味では、芸術・美術が好きでこの仕事をしているので、趣味と仕事が被りますが、だから優先順位が高いということはないですね。

kamata
鎌田

アート、芸術以外に何か趣味のようなものはないのですか?

face
爲永

ないなあ…家族が趣味、かな。

kamata
鎌田

なるほど。では、その趣味でもあるアートの世界はお子様のころから触れてきたのですよね?

face
爲永

意識的にではないですが、常にアートに囲まれていたし、文化的会話があったというと言い過ぎかもしれませんが、親が私を連れていくのも商業施設ではなく、美術館という環境ではありました。面白くはなかったですが、それが自然だったので、普通の子どもと意識はちょっと違ったかもしれませんね。

DSC_1617

kamata
鎌田

爲永さんにお子さんいらっしゃいますが、同じような?

face
爲永

それはそうなってしまいますね。興味を持っているかは別としてそういう生活になっているという点では、同じ親子関係です。

kamata
鎌田

お子さんも興味は当然持たれるのでしょう?

face
爲永

まあ、なんとなく、そうですかね。

kamata
鎌田

そういう子ども時代を経て、仕事にしようと思われたのはいつ頃ですか?

face
爲永

銀行を辞めたときですかね。興銀(旧・日本興業銀行)は素晴らしい銀行でしたが、大きい案件であればあるほど、多くの人の決済をもらわなくてはならず、次第に自分の力だけで何かをしたいと思うようになっていきました。そのときは“芸術”なんて考えもしなかったですが、興銀の取引先は大企業が多く、そういう企業が入りこめない世界で働きたいと考えるようになっていきました。そうしたら身近にあった芸術の世界に大企業は入ってこないし、入ってきても何のメリットもないしと気づいたんです。

kamata
鎌田

そういう経緯ですか。おいくつの時ですか?

face
爲永

30歳前。

kamata
鎌田

楽天の三木谷さんと同じくらいですか?

face
爲永

彼は同期ですが、辞めたのは私の方が早かったです。1900年代の最初ですね。

DSC_1599

kamata
鎌田

「交友」という項目もあるのですが、この辺はいかがですか? お客様とはお客様だから「交友」とはまたちがいますか。

face
爲永

そうですね。私たちにとってお客様は仕事相手ですが、お客様にとっては遊びの部分の延長に私がいるので、なかなか世の中にはない関係性ですね。30代で普通では会えないような方にお目にかかれる機会に恵まれて、直接やりとりできる稀有な経験も美術品を通してすることができました。これは、今ももちろんありますが。

kamata
鎌田

普通のビジネスの相手ともまた違いますね?

face
爲永

もっと近い関係になります。仕事ではつながっていないので、相手からすればお友だちに近いかもしれません。食事に誘っていただいたり。

kamata
鎌田

かなり特殊な関係ですね。

 

関連記事
「好き」「嫌い」。自分の軸を知ることで人生が豊かに(その2)

「好き」「嫌い」。自分の軸を知ることで人生が豊かに(その3)

「好き」「嫌い」。自分の軸を知ることで人生が豊かに(その4)

オープンハウスの米国不動産投資
オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。