オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

【アメリカ不動産用語解説】Vol.1「クラス(class)」−不動産の価値を表す3つのランク

【アメリカ不動産用語解説】Vol.1「クラス(class)」−不動産の価値を表す3つのランク

Highlights

  • アメリカ不動産の頻出用語「クラス(class)」について解説
  • クラスは物件の価値をA〜Cの3ランクではかる指標
  • 不動産市場の動向やトレンドを把握する上でも役立つ

アメリカ不動産の情報を調べたり、記事を読んだりしていると、なじみのない用語を目にすることがよくあります。それらの用語を検索してみても、いまいち要領を得ない…なんて経験はありませんか? しっかり理解するには、アメリカの文化や現地事情への理解が必要な場合も。本シリーズでは、そのようなアメリカ不動産における頻出用語をより詳しく、そしてわかりやすく解説。

第1回目のテーマは「クラス(class)」。アメリカの物件を見ていると「クラスA」「クラスB」といった単語がよく登場します。なんとなくの意味は想像がつくけれど、詳しい定義までは知らない…そんな人も多いであろう「クラス」というワードについて解説します。

 

「クラス」とは一体、何を表しているのか?

クラスは、不動産の価値をはかる上での指標となる用語です。大まかにA~Cまでの3段階が設定されています。日本で言うところの上・中・下のイメージに近いもので、より細かく「B-」や「C+」と表現されることもあります。

クラスを認定する上での評価基準はさまざまです。立地条件や築年数、収益性、設備、地域の成長性、家賃…などなど、さまざまな要素を総合して格付けが行われます。経済紙などでも使われる言葉であるため、ややアカデミックで格式張った評価手続がありそうですが、実は明確な格付け基準や定義が定められているわけではなく、評価者の感覚的な判断に負う部分も大きいようです。

 

クラスの大まかな3つの基準

クラスA ~C、それぞれの大まかな基準は以下のようなものです。

▼クラスA
3つの評価基準の中でも最高品質とされる物件です。一般的に築15年以内の新しい物件で、高品質の設備やアメニティを備え、高い賃貸収入と低い空室率を見込めるのがおもな特徴。立地条件も非常によく、専門家の手でしっかりと管理されている物件です。大がかりなメンテナンスや修繕も必要ありません。

▼クラスB
クラスAと比べて築年数がやや古く、賃料も安めに設定されている物件です。多少のメンテナンスや修繕が必要な場合も多いようです。しかし、一定水準以上の手入れは行き届いており、修繕を行うことでB+やAクラスまでグレードアップさせることも十分可能。一方、クラスAの物件よりもキャップレート(※)は高くなることが一般的です。

今回のTikTok騒動の顛末によって、アメリカ不動産市場における中国人投資家の今後の動向をさらに左右するような影響が出てくると考えても、決しておかしくはありません。

(※)投資物件の収益性を判断する際に用いられる指標。「還元利回り」「収益利回り」「期待利回り」などとも呼ばれる。

▼クラスC
築年数は20年以上と古く、立地条件もあまりよいとは言えない物件です。Bクラスの物件と比べて、より大々的かつ根本的な修繕が必要な場合もあります。賃料もクラスAやクラスBを大きく下回るため、安定したキャッシュフローを得るためには、投資家の工夫も必要な物件です。

 

物件のクラスをどのように考えればいいか?

これらクラスは、個々の物件の評価を示すと同時に、市場のトレンドや動向を把握するのにも役立つ指標です。例えば「クラスAやクラスCは不調なのに、クラスBの物件だけ売れ行きが好調」という状況もあります。アメリカでは経済的な階層がはっきりと分かれているため、政策や経済の情勢に、各階層の消費動向がビビッドに反映されるのが大きな理由のひとつ。中流以下の層を経済的に支援する政策が出たときにはクラスCの物件が売れ、投資家や富裕層が優遇されるとクラスAが売れる…ということがよくあります。

こうしたことからも、単純に「クラスAの物件が一番いい」と判断するのは早計です。経済や政治の動向をマクロな視点で見つつ、リスクとリターンのバランスを見極めた上での判断指標として「クラス」を捉えることができれば、より効果的な投資が行えるかもしれません。

 

関連記事
ハリケーンに竜巻、山火事……アメリカ不動産の自然災害リスクにいかに備えるべきか?(前編)

ハリケーンに竜巻、山火事……アメリカ不動産の自然災害リスクにいかに備えるべきか?(後編)

“TikTokショック”はアメリカ不動産市場にどんな影響を及ぼすか?

【アメリカ不動産用語解説】Vol.2「Cash on Cash Return (CCR:キャッシュ・オン・キャッシュ・リターン)」

【アメリカ不動産用語解説】Vol.3「FIRPTA(ファプタ)」

まずはお気軽に資料請求
エリアや物件の最新情報、シミュレーションサンプルなど無料プレゼント!
アメリカ不動産の利点やリスクが分かる、動画セミナーも限定配信!
>>資料請求はこちらから<<

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る