mv

経営破綻したWeWork創業者、住宅不動産で再挑戦。

孫正義社長が「人生の汚点」と語る、大規模破綻

米国のシェアオフィス・スタートアップ「WeWork」が2023年11月6日に経営破綻しました。

このことは、同社が世界的に注目されるスタートアップであったことや、日本にも進出していたこと、ソフトバンクグループが累計160億ドルもの出資をしていたことなどから、日本のメディアでも広く報じられました。最盛期には470億ドルにも達した評価額はほとんどゼロになり、ソフトバンクグループも巨大な損失を計上。孫正義社長が 「私の人生の汚点」と語る結末を迎えました。

そんなWeWorkですが、巨額の資金調達を率いたカリスマ創業者、アダム・ニューマン氏は2019年に退任済みで、17億ドル以上の資産を持つと報じられています。

カリスマ創業者の再挑戦の舞台は、賃貸住宅領域

商業不動産スタートアップで一斉を風靡したニューマン氏は今、賃貸住宅分野で「Flow」なるスタートアップを立ち上げ、またしても巨額の調達に成功しています。現在までの調達額は10億ドルで、そのなかにはFacebookからAirbnbを早期に見出したことで知られる著名ベンチャーキャピタル会社のアンドリーセン・ホロウィッツからの3億5,000万ドルも含まれます。

Flow社はニューマン氏がマイアミやアトランタなどで購入した3,000戸以上の不動産の運営を軸に、自社開発や第三者所有物件の運営代行なども行います。その特徴は、ニューマン氏の言葉を借りると「一貫したサービスとコミュニティ機能を備えたブランド」。字面だけを見れば、WeWorkと似たコンセプトを賃貸住宅に置き換えたようにも思えます。

ニューマン氏の描くビジョンは、今度こそ実現するのでしょうか?



注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

4月15日(月) 、4月16日(火) 、4月17日(水) 、4月18日(木) 9:30~19:30
弊社コンサルティングスタッフ

【全国オンライン対応可能】年10日から購入できる「NOT A HOTEL」個別相談セミナー

ご希望日程よりご選択ください。
●伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

いまさら聞けない!! アメリカ不動産投資 VS 新NISA、どちらが良いの?

4月18日(木)17:00~17:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

“円安”のときこそ、アメリカ不動産投資を始めるべき!~今だからこそ「アメリカ不動産」に注目すべき理由~

4月23日(火)17:00~17:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】いまさら聞けない!!  アメリカ不動産投資 VS 新NISA、どちらが良いの?

4月24日(水)13:00~13:45
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】“円安”のときこそ、アメリカ不動産投資を始めるべき!~今だからこそ「アメリカ不動産」に注目すべき理由~

4月30日(火)13:00~13:45
●柏野 将史様(K-innovate株式会社 代表取締役)●伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

激動の経済!どう資産運用する? ≪利回り≫や≪税金対策≫に使える海外不動産投資術

5月09日(木)17:00~18:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧