mv

中竹 竜二氏(第1回)

意識が変われば、結果も変わってくる。
icon_nakatake
ゲスト元日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター 中竹 竜二氏

1973年福岡県生まれ。早稲田大学卒業、レスター大学大学院修了。三菱総合研究所を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任し、大学選手権2連覇を果たす。2010年、日本ラグビーフットボール協会で指導者を指導するコーチングディレクターに就任。2016年には日本代表ヘッドコーチ代行も兼務。企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス代表取締役。

icon_nakatake_kamata
インタビュアー株式会社オープンハウスグループ 副社長 鎌田 和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウスグループ 取締役 副社長。

賢人を賢人たらしめている行動や考え方は。そして大切にしている習慣は──。
インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます。

痛みと闘うために脳を騙す

icon_nakatake_kamata
鎌田

ラグビーでは、キャプテンの存在感が他の競技とは違うそうですね。

icon_nakatake
中竹

圧倒的なキャプテンシーを求められるんです。例えばレフェリーが選手に注意を与える際は、キャプテンも一緒に呼ばれて「お前がちゃんとしていないからだ」と叱られます。試合になると監督は客席で見守るしかなく、フィールドではキャプテンがすべてなんです。

icon_nakatake_kamata
鎌田

そんなキャプテンを、中竹さんは早稲田大学で務められました。

icon_nakatake
中竹

キャプテンとは言え、最後のゲームまで一度も試合に出られなかったキャプテンなんです。選手としては本当に下手でした。

nakatake_01_02

icon_nakatake_kamata
鎌田

それなのになぜキャプテンに?

icon_nakatake
中竹

早大では4年生が卒業を前に次のキャプテンを指名し、バトンを渡すのが伝統です。ところがこの年は下級生たちが「オレたちはもっといいチームをつくりたいんだ」と卒業生に反逆し、指名をボイコットしてしまったんです。監督も怒っていなくなってしまって、それで僕のところにお鉢が回ってきました

icon_nakatake_kamata
鎌田

リーダーシップがおありだったと。

icon_nakatake
中竹

早大ともなると全国から猛者が集まってくるんです。彼らはチームの雑用なんか嫌がってやりません。仕方ないから僕が雑用は全部引き受けていました。ボイコットのときも、話し合いが紛糾して、私が仲裁役に入るしかなかったんです。そんな流れから「この際、中竹でいいんじゃないか」となりました。

nakatake_01_03

icon_nakatake_kamata
鎌田

問題児集団の同期たちが中竹さんを認めてくれたんですね。

icon_nakatake
中竹

でも大学OBやラグビー界の批判はひどかったですよ。ラグビー専門誌も「中竹って誰?」っていう見出しでした。

icon_nakatake_kamata
鎌田

そんな学生時代の最後の試合で、大怪我をされたそうですね。

icon_nakatake
中竹

4年生の海外遠征でやっと出場したんですが、初戦で顎を砕かれてしまいました。180cm、100kgの相手の膝が入って終わりです。ラグビーに引導を渡されたと思いました。

icon_nakatake_kamata
鎌田

壮絶な怪我でしたね。でも中竹さんは痛みをあまり感じないタイプと聞きましたが。

nakatake_01_04

icon_nakatake
中竹

そうなんですよ。例えば膝を怪我したら“この膝はオレの膝じゃない”と念じるんです。信じ込むと、意外と痛みを感じなくなります。

icon_nakatake_kamata
鎌田

なるほど、自分の脳を騙すわけですか。

icon_nakatake
中竹

この方法は、四肢の末端ほど有効です。でも体の中心部に近くなるほど効かなくなる。だから顎の怪我は痛かったです。

※この対談は2022年12月14日に弊社「GINZA XI」ラウンジ(東京・銀座)にて行われました。


関連記事

医師として、経営者として、そして父として。(ゲスト 深川 和己氏:第2回)

医師として、経営者として、そして父として。(ゲスト 深川 和己氏:第3回)

医師として、経営者として、そして父として。(ゲスト 深川 和己氏:第4回)

オープンハウスの米国不動産投資

業界初!ワンストップサービスを提供し、名実ともにアメリカ不動産投資のパイオニアに。

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

2月06日(月) 、2月07日(火) 、2月08日(水) 、2月09日(木) 9:30~19:30
アメリカ不動産を専門とする弊社スタッフ

【オンライン】アメリカ不動産投資セミナー

2月08日(水)18:30~19:15
浅井聡 株式会社オープンハウス ウェルスマネジメント事業部 次長   特定行政書士(神奈川県登録 17090360)   IFTA国際検定テクニカルアナリスト

【オンライン】元HSBC商品開発責任者が語るグローバルマーケットとアメリカ不動産投資戦略

2月10日(金)18:30~19:40
アメリカ不動産を専門とする弊社スタッフ

【オンライン】アメリカ不動産投資セミナー

2月13日(月)18:30~19:15
中谷義宏:中谷義宏税理士事務所 代表

【特別開催】国税OB税理士が徹底解説!アメリカ不動産投資セミナー

2月15日(水)18:30~19:30
NOT A HOTEL株式会社 富吉 夏樹氏

【オンライン・初開催】年30泊から購入できる別荘 "NOT A HOTEL"の魅力

2月17日(金)13:00~14:00
オープンハウス ハワイコーディネーター 西馬 志帆

【ワイキキ】データで見る、世界中から投資マネーが集まるワイキキ不動産セミナー

2月22日(水)13:00~14:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧