mv

中国国家統計局、人口減少をオフィシャルに発表

統計学者の予想より早く進む人口減少

当メディアが昨年10月に公開した記事「中国の人口減少は、アメリカ不動産に何をもたらすか?」でもお伝えした通り、中国の人口は2022年をピークに減少に転じると予想されていました。

年が明けて2023年1月17日、中国国家統計局が2022年の人口統計を発表しました。公表されたデータによると、中国の2022年の人口は14億1,800万人で、2021年から85万人減少しているとのことです。つまり、人口のピークは2021年だったことにより、統計学者たちの予想よりも一年早く、人口減少がはじまったことを意味します。

出生率は、1,000人あたり6.77人(6.77‰)で過去最低の数字を記録。2021年の7.52‰から大きく減少していることが分かります。ちなみに2021年のアメリカの出生率は11.06‰で中国を大きく上回っており、インドにいたっては16.42‰を記録しています。中国における子どもの減少は著しく、少子高齢化が急速に進むことが懸念されています。

一人っ子政策が招いた減少トレンドを、コロナ禍が加速

現在の人口減少は1979年から2016年まで行われていた一人っ子政策の影響が色濃いのはもちろん、コロナ禍の影響も大きいと指摘します。英経済誌「Economist」の調査部門の首席経済研究員を務めるユエ・スー氏は、「(コロナ禍による)若者の高い失業率と収入への悲観は、結婚と出産を遅らせ、新生児の数をさらに引き下げる可能性がある」と分析。

加えて、新型コロナウイルス感染による死亡者も増えているため、2023年の死亡率はパンデミック前よりも高くなる可能性が高いとも指摘します。2022年末にゼロコロナ政策を中止して以来、罹患者は増加傾向にあり、人口への影響はより大きくなるかもしれません。

子どもの減少と死亡者の増加が重なることで、人口減少が加速する中国。労働力の低下により経済活動の先細りにも注意が必要です。

 


注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

2月06日(月) 、2月07日(火) 、2月08日(水) 、2月09日(木) 9:30~19:30
アメリカ不動産を専門とする弊社スタッフ

【オンライン】アメリカ不動産投資セミナー

2月08日(水)18:30~19:15
浅井聡 株式会社オープンハウス ウェルスマネジメント事業部 次長   特定行政書士(神奈川県登録 17090360)   IFTA国際検定テクニカルアナリスト

【オンライン】元HSBC商品開発責任者が語るグローバルマーケットとアメリカ不動産投資戦略

2月10日(金)18:30~19:40
アメリカ不動産を専門とする弊社スタッフ

【オンライン】アメリカ不動産投資セミナー

2月13日(月)18:30~19:15
中谷義宏:中谷義宏税理士事務所 代表

【特別開催】国税OB税理士が徹底解説!アメリカ不動産投資セミナー

2月15日(水)18:30~19:30
NOT A HOTEL株式会社 富吉 夏樹氏

【オンライン・初開催】年30泊から購入できる別荘 "NOT A HOTEL"の魅力

2月17日(金)13:00~14:00
オープンハウス ハワイコーディネーター 西馬 志帆

【ワイキキ】データで見る、世界中から投資マネーが集まるワイキキ不動産セミナー

2月22日(水)13:00~14:00
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧