オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ経済アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

ロシア大統領報道官による西側批判(2022年8月5日時点)

ロシア大統領報道官による西側批判(2022年8月5日時点)

ウクライナ侵攻の背景にはNATOの脅威があると強調

NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグ氏が、ロシアのウクライナ侵攻を「第二次世界大戦以来の最も重大な状況であり、ロシアが勝ってはならない」と批判したことに対し、ロシア大統領報道官のドミトリー・ペスコフ氏が反論しています。

ペスコフ氏は、ウクライナ侵攻の背景にはNATOのロシア国境への接近があると指摘。さらに、2014年に親ロシア派として知られたウクライナ元大統領のヴィクトル・ヤヌコーヴィチ氏が国民からの講義により追放された一件について、「西側諸国が扇動したクーデーター」であるとし、これが現在の緊張の契機になったとしました。

そのうえで、ストルテンベルグ氏の「世界秩序に対する危険と脅威をもたらす」という表現については同意を示しました。


ペロシ議長の台湾訪問を中国への挑発だと批判

現在来日中の米国下院議長ナンシー・ペロシ氏が台湾訪問について、ペスコフ露大統領報道官は「純粋な挑発だ」と批判。警戒感をあらわにしました。

発言は、ウクライナ情勢をめぐり経済制裁と国際的な孤立に直面しているロシアに、中国が手を差し伸べたことを背景にしています。台湾を独立国家として認めず自国領土であるとみなす中国の外務省報道局長である華春瑩氏は、ペロシ氏の台湾訪問を「醜悪な茶番劇」「見世物にし、両国関係と地域の平和と安定を毀損した」と痛烈に批判。ロシアもこれに同調した形です。

アメリカおよびNATOとロシアの溝はますます深まっており、世界は一層の分断へと向かっています。



注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る