mv

アメリカ住宅需要に減速の兆しも、価格は高止まり(2022年9月13日時点)

住宅需要指数が前年同月より11%低下

住宅売買プラットフォームを運営する米企業・Redfinは9月4日、住宅需要数は前年同月より11%低下したことを発表しました。

住宅需要指数は、Redfin社が独自に集計している指標で、同社サービスを通じた内見申込数をもとに算出されます。2014年1月の水準を100とし、各月の需要を評価するこの数字は、2022年初の最盛期には180に達していましたが、利上げ直後の4月から急速に低下、6月を下限に持ち直しているものの9月4日時点で142.8%にとどまっています。コロナ禍前の2020年と比べれば、まだわずかに高い水準ですが、今後さらに低下するのではと不動産関係者の一部は警戒心を募らせています。

インフレが一向に改善しないため、需要低下のきっかけとなった利上げは、まだ終わりそうにありません。住宅ローン金利もますます高くなることはまず間違いなく、購入需要はしばらく減速が続きそうです。


月間の住宅価格の低下幅は0.77%

需要が著しく低下する一方で、住宅価格は大きく低下はしていません。全米の住宅価格の中央値は、6月から7月にかけての1ヶ月間で0.77%低下しました。1ヶ月の値動きとしては2011年1月以来最大の下げ幅ですが、コロナ禍前の水準と比較すると、まだ43%も高い水準のままです。

価格が下がらない背景には、慢性的な供給不足があります。コロナ禍による売り控え、人件費や材料費の高騰による新築供給速度の低下などの影響により、住宅在庫は常に不足しています。2022年に入り若干回復傾向にあるものの、2019年と比較すると在庫数は43%ほど少なく、依然として売り手有利な市場が続いてます。

購入需要の減少により、売り手と買い手のパワーバランスは改善されていく可能性があるものの、住宅価格がただちに暴落するとは考えづらい状況です。日本からアメリカ不動産に投資する場合は、価格低下を待つと為替がさらに悪くなるリスクも考慮する必要があります。どのタイミングで投資すべきかの判断に迷った場合は、ぜひオープンハウスにお問い合わせください。不動産のみならず、米国経済全体に精通したコンサルタントが最新の情報を提供いたします。



注目記事
なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)

なぜ米国不動産と法人税繰延の相性は抜群に良いのか。

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

まずはセミナーに参加しよう

すべて見る
弊社コンサルティングスタッフ

【日本全国オンライン対応可能】アメリカ不動産個別相談セミナー

5月20日(月) 、5月21日(火) 、5月22日(水) 、5月23日(木) 9:30~19:30
弊社コンサルティングスタッフ

【全国オンライン対応可能】年10日から購入できる「NOT A HOTEL」個別相談セミナー

ご希望日程よりご選択ください。
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】ご好評につき、追加開催決定!!円安の時にアメリカ不動産投資をする理由

5月23日(木)13:00~13:45
永田 葉月

【30名限定!】人気のリゾート物件とは

5月23日(木)19:30~20:30
●柏野 将史様(K-innovate株式会社 代表取締役)●伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】激動の経済!どう資産運用する? ≪利回り≫や≪減価償却≫に使える海外不動産投資術

5月28日(火)13:00~14:00
伊東 陽生(株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 アシスタントセクションマネージャー)

【アーカイブ配信】ご好評につき、追加開催決定!!円安の時にアメリカ不動産投資をする理由

5月30日(木)17:00~17:45
前へ
次へ
「不動産投資ガイドブック」を
無料プレゼント
アメリカ不動産のメリットを詳しく解説
不動産投資ガイドブック
なぜアメリカ投資市場の
スケールとパワーが段違いなのか?
賃料収入、価格上昇、税メリットによる
投資効果が期待できるのはなぜ?
契約・管理・売却まで日本にいながら
ラクラク運用できるその理由とは?
アメリカ投資市場の
スケールとパワー
様々な投資効果
日本で運用できる
無料でもらう

タグ一覧