オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

アメリカ不動産アカデミー

初めて投資をする方へ。
アメリカ不動産の基本から、エリアや物件の最新情報を解説します。

Facebook Twitter

アメリカ不動産アカデミーVol.33 アメリカの新型コロナワクチン接種状況、カリフォルニア州の最新不動産情報(2021年3月1日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.33 アメリカの新型コロナワクチン接種状況、カリフォルニア州の最新不動産情報(2021年3月1日時点)

 

アメリカ各州の新型コロナウイルスワクチン接種状況

2021年2月26日、CDC(The Centers for Disease Control:アメリカ疾病予防管理センタ ー)は、約4,720万人がCOVID-19のワクチンを1回以上接種していること、そのうち約 2,260万人は必要とされている2回の接種を完了させたと発表しました。

バイデン大統領は、就任100日目までに1億本のワクチンを投与することを約束しています。先月の大統領就任直後には、1日あたり150万回以上のワクチンを投与するという目標を設定し、連邦当局は2つのワクチンを緊急承認しました。

現在、日平均155万回と、目標どおりのペースで接種が進んでいます。2月26日時点で、1度でもワクチン接種を受けた人の数は米国人口全体の14%。現在のペースで接種が進めば、今年8月5日までに50%、同11月3日までに70%、翌年1月31日までに90%の国民に、1回以上の接種が完了します。

1回以上の接種人口比を州別に見ると、接種が多い順にパラオ(29%)、サモア(25%)、アラスカ(22%)と飛び地の州が続き、本土でもっとも接種が進んでいるのは4位のニューメキシコ(21%)。以下、10位までを上げると、グアム(20%)、サウス・ダコタ(19%)、北マリアナ諸島(19%)、コネチカット(18%)、ノースダコタ州(18%)、ウェストバージニア(17%)という接種状況です。米国人口全体の14%。現在のペースで接種が進めば、今年8月5日までに50%、同11月3日までに70%、翌年1月31日までに90%の国民に、1回以上の接種が完了します。

コロナワクチン接種量      

米国不動産の最新ニューストピック

C.A.R.(The California Association of Realtors:カリフォルニア州不動産事業者協会)は、同州の住宅市場が昨年12月の好調を引き継ぎ、好調な滑り出しを見せていることを明らかにしました。2021年1月の価格と売上高の伸び率は、年率ベースで2桁を記録しました。

C.A.R.が収集した情報によると、カリフォルニア州の中古の一戸建て住宅のクローズドエスクロー販売は、2021年1月に季節調整済みの年率換算で484,730件に上りました。昨年12月の509,750件からは4.9%減少したものの、2020年1月の395,700件と比較すると22.5%増加しています。前年比で2桁の増加となったのは6年連続で、3ヶ月連続で前年比20%以上の増加となりました。

C.A.R.副社長兼チーフエコノミストのジョーダン・レヴァインは、「COVID-19 ワクチンが継続的に開発されていること、財政刺激策による救済措置が実施される可能性が高いこと、歴史的な低金利であることから、住宅市場は引き続き活発に推移するでしょう」と述べています。需要が供給を上回り続けているため、市場の見通しは以前の予測よりも明るくなっていますが、住宅不足が深刻化しているため、現在の堅調な市場成長は今年後半には減速するとも予想されています。

関連記事
アメリカ不動産アカデミーVol.28 新型コロナウイルスのワクチンに関する情報と2021年のテキサス州住宅市況の展望(2020年12月18日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.29 2006年依頼以来、好調なアメリカ不動産市況(2021年2月1日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.30 ロサンゼルスの不動産市場予測2021(2021年2月8日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.31 続く住宅在庫不足と高まる高級住宅人気(2021年2月15日時点)

アメリカ不動産アカデミーVol.32 住宅価格にも影響を与える木材価格の高騰(2021年2月22日時点)


オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る