discovery_banner_fix

気鋭の経営学者がこだわっている生活習慣とは!?(その1)

SHARE:

Discovery_a3

ゲスト/楠木 建

一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻(ICS)教授。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。専攻分野は競争戦略論、イノベーション。主な著書に『ストーリーとしての競争戦略』『戦略読書日記』など。

インタビュアー/株式会社オープンハウス 副社長 鎌田和彦

1965年神奈川県生まれ。88年慶應義塾大学文学部卒。89年(株)インテリジェンスを設立、取締役に。99年に同社代表取締役社長、2008年同社相談役。08年には日本人材派遣協会会長も務める。15年よりオープンハウス 取締役 副社長。

賢人たちを賢人たらしめている行動や考え方は。そして、大切にしている習慣は──。 インタビューを通じて、そんな共通点を探っていきます

自分のために物語を書き続けた少年時代

DSC01769_re

kamata
鎌田

楠木先生がアカデミズムの世界に入られたのはどういう思いからですか?

顔写真2
楠木

上司や部下がいなくて一人でできる仕事がしたかったんです。あと、チームワークというものが大嫌いで、もしチームを組まなきゃいけないとしても、メンバー全員が自分じゃなきゃイヤだっていうぐらい。そして、何よりも、顧客の評価だけで自分の価値が決まる、というのが大きいですね。

kamata
鎌田

なるほど、会社では上司が自分を評価しますからね。

顔写真2
楠木

そうなんです。こういった条件を満たす仕事は何かっていうと、それは“芸者”なんですよ。芸者は自分の芸を磨いて、お座敷の声がかかれば歌って踊ってお金をいただく。私の仕事のコンセプトは「芸者」です。

DSC01674_re

kamata
鎌田

なるほど。でも、勉強は大変じゃないですか?

顔写真2
楠木

いや、勉強は大好きで、人に教えるのも苦にならないんです。しかも「発表」が大好き。子供の頃なんて、誰も読まないのに、お話を考えて、本を創っていたんですから。

kamata
鎌田

アフリカで暮らしていらっしゃったんですよね?

顔写真2
楠木

ええ、父の仕事の関係で小学校の4年生までヨハネスブルグで過ごしました。日本から送ってもらった本を何度も繰り返して読むんですが、さすがに飽きてしまって、そのうち自分でお話をつくるようになったんです。それを自分で読んじゃうという、シンガーソングライターならぬライターリーダー。

kamata
鎌田

なるほど。その頃から、自分で考えて書いて、ということをされていた。中学からは日本で?

顔写真2
楠木

ええ、普通の公立の学校に通いました。大学は商学部だったんですが、そんなわけで会社員にはなりたいくないし、なるとしたら学者か、シンガーか、個人タクシーかと。

kamata
鎌田

個人タクシー! 飛躍しますねえ。

顔写真2
楠木

学問的な領域としては、はじめはカルト集団を扱う異常社会学に興味があったんですが、この分野には需要がなく、食べていくのが難しいと早々に気づいて諦めました。結局、教授がたまたま経営学の先生だったから、そっちでいいかと。

kamata
鎌田

何でもよかった?

顔写真2
楠木

だから学問的使命感はまったくなし!

DSC01773_re

kamata
鎌田

そもそも学者という職業は食べていけるんですか?

顔写真2
楠木

いや、最初は無理ですよ。我が家の場合は妻が大黒柱で、無給時代の私を食べさせてくれましたから。私、柿ピーが大好きなんですけど、三つぐらいあるブランドの中でどの柿ピーが一番トクだろうと迷って、スーパーの棚の前にしゃがみ込んで1円当たりのグラム数を計算してたことがあるんです。そうしたら、会社帰りの妻に見つかって、上から見下ろされて「情けない男になったなあ」と言われてしまって。いつか値札を見ないで柿ピーが買えるようになってみせる、というのがその頃の野望でした。

関連記事
気鋭の経営学者がこだわっている生活習慣とは!?(その2)

オープンハウスの米国不動産投資
オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その2)