オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

不動産Insights

多くのビジネスパーソンに新たな気づきを与える、
海外不動産の最新情報をお届けします。

Facebook Twitter

サチハワイのニュースレター VOL.124 2021年、不動産の売れ行きが絶好調だったハワイ

サチハワイのニュースレター VOL.124 2021年、不動産の売れ行きが絶好調だったハワイ

ハウオリ・マカヒキ・ホウ!(Hau'oli Makahiki Hou !)

アロ~ハッ! ハワイからこんにちは。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

皆様、年末年始はいかがお過ごしだったのでしょうか? ハワイは、連日バケツをひっくり返したような大雨の年末年始でした!ですが、ハワイ大晦日の風物詩である合法・違法花火(ハワイでは家庭での花火は基本違法なんです!)は、雨が小降りになった年越しの瞬間に一斉に打ち上げられワイキキはさながら数分間の壮大な花火大会の様相でした。とあるホテルでは、雨で導火線が湿ってしまい着火できずに年越しの瞬間に間に合わなかったとのこと。日本では、都内でも積雪があったほどの寒波の年末年始だった、と聞いてます。日本もハワイも、お天気は残念でしたが、おかげさまで私共サチハワイ・スタッフ・オハナ(家族)は全員無事に年を越すことができましたこと皆様に感謝とともに謹んでご報告申し上げます。

さて先週、ホノルル不動産協会より、昨年2021年の年間不動産総括が発表されました。その見出しには「2021年のオアフ島不動産業界は年間を通じて超・売り手市場であった。」とあり、副題には「記録的な成約スピード、慢性的な在庫不足からの購入価格の高騰、にもかかわらず、物件の売れ行きは総じて絶好調だった」とありました。

先ず2021年の総取引件数ですが、戸建ては2020年実績(3,838件)より17.9%増の4,526件、中古コンドミニアムも2020年実績(4,706件)より53.1%増の7,203件だったそうです。それぞれの平均売買価格ですが、戸建てが2020年実績比23.3%増の$1.25Million、コンドミニアムも11%増の$558,067でした。数値が減少したのは、市場に出てから成約されるまでの日数でした。2021年の戸建ての成約までの日数は平均9日間。因みに2020年は平均14日間(5日間の短縮)。コンドミニアムも同様に2021年の平均が12日間、2020年は24日間でした(12日間の短縮)。2021年の旺盛な購買需要が顕著にわかる指標の数々ですね。

2022年が皆様にとって健康で実り多き1年になるよう共に頑張りましょうね!

ハワイの最新ニュース

ハワイ州知事:”完全ワクチン接種”の定義にブースター接種を必須化を検討。
イゲ州知事は、現行の”セーフ・トラベル・プログラム”に関連して、ワクチン接種済の定義にブースター接種を追加して必須化する考えがあると述べた。
詳しくはこちら

PGAソニー・オープンがワイアラエC.C.にて観客を入れて12日木曜日から開催。
今年もPGAツアーのソニー・オープンが、ワイアラエ・カントリー・クラブを舞台に観客を入れて12日(木曜日)から開幕する。観客は入場の際、ワクチン接種証明書、もしくは72時間以内の陰性証明書が必要になる。
詳しくはこちら

クルーズ客船が約2年ぶりに2000名の乗客を乗せてホノルルに寄港
日曜日、約2年ぶりにクルーズ客船”グランド・プリンセス”がロスアンジェルスからの2000名の乗客を乗せてホノルル・ハーバーに入港した。
詳しくはこちら

特集『最新ハワイ不動産情報
サチハワイの特選物件のご紹介です』

ONE Ala Moana #1907
アラモアナ地区
間取り:2ベッドルーム • 2バスルーム
室内面積:116.31㎡

▶︎バーチャル・ツアー

ホノルル屈指の高級ラグジュアリーレジデンス、ワン・アラ・モアナの紹介です。足元から天井まで(全高3メートル超)張られたガラス窓のあるメイン・リビングとマスターベッドルームから、正面にアラモアナ・ビーチパーク、アラワイ・ハーバー、そして太平洋の大パノラマを正面に臨む高層階角部屋、大人気の2ベッドルーム、2バスルーム、2パーキング付き物件です。セカンド・ベッドルームは反対側の静かでプライバシーを感じられる場所に併設。敷地内には、インフィニティー・プール、キッズ・プールと大型ジャグジー、数か所のカバナ付きBBQステーションと併設する屋外ダイニング・テーブル、ウオーキングパス、図書室/勉強室、予約可能な本格ミーティングスペース、本格キッチン付きダイニング・スペース、映画鑑賞室、等など豪華リゾートスタイルのアメニティが満載。世界的に有名なアラモアナ・センターに隣接し、あらゆるウオータースポーツを楽しめるアラモアナ・ビーチパークまで僅か1ブロック。各種ダイニング、ショップ、エンターテイメント・スポットまで全て徒歩圏内の比類なき至高のロケーション。本物件には、約12平米の便利な専用倉庫が付帯。正に”パラダイスの物件”と呼ぶにふさわしい、ワン・アラモアナ#1907をどうぞお見逃しなく。

▶︎詳しくはこちら

ONE Ala Moana #1907

ONE Ala Moana #1907

ハワイの不動産の売買・賃貸・物件管理、お問合せは、オープンハウスグループの『サチハワイ』までどうぞ。
ハワイ不動産の物件はこちらから

オープンハウスグループでは東京・名古屋・大阪で、またオンラインで様々なセミナーを開催しております。
・ハワイ不動産
・アメリカ不動産
・国税OB税理士が語るセミナー
・法人の減価償却としてのアメリカ不動産など随時開催しております。
など随時開催しております。
日程・詳細はこちらから

関連記事

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る