オープンハウスのアメリカ不動産
公式サイトへ

富裕層のためのウェブマガジン

Powered by OPEN HOUSE

不動産Insights

多くのビジネスパーソンに新たな気づきを与える、
海外不動産の最新情報をお届けします。

Facebook Twitter

不動産投資セミナーの良し悪しを見抜くコツとは?

不動産投資セミナーの良し悪しを見抜くコツとは?

Highlights

  • 自分に合った不動産投資セミナーを選ぶためのポイントをご紹介
  • 初心者はまず全体像をつかんだ上で、個別テーマを受講しよう
  • 複数受講は有効だが、「サンクコスト」には要注意

市場や税制の変化によってゲームルールが変化する不動産投資。投資成績を安定させるためには日々の勉強も欠かせません。ネットで検索する、本を読む、不動産会社や他の投資家に相談する等、さまざまな方法がありますが、短い時間で要点をつかめる勉強法として、セミナーが今人気を集めています。

不動産投資セミナーは需要が高いこともあり、ネットで検索するだけで多種多様なセミナーが見つかります。今回は、膨大な数のセミナーの中から自分に合ったセミナーを見つける方法や、セミナーで学んだ内容を実際の投資に活かすコツをご紹介します。

 

初心者はまず、不動産投資の全体像を掴むべし

どのような勉強にも共通する「学び」の方法として、まず大まかな全体像を掴んでから細部を学んでいくのが鉄則です。ネコの存在を知らない人に、ネコの瞳の構造の説明をしても理解は難しいはず。まずはネコという動物の存在を知ってもらい、明るい場所と暗い場所で瞳の様子が変わる性質が持つことを説明するのが得策だと言えます。

不動産投資に関しても、いきなり細かなテクニックや節税、契約手続きの話を聞いてもあまり身にはなりません。「特化型セミナーのほうが専門的かつ特別な情報を聞けるのでは?」と興味を惹かれる気持ちもわかりますが、初心者の場合、まずは不動産投資の特徴や流れを大まかにでも把握することを優先してみてください。

全体像を掴めたかどうかの目安は、次にどのセミナーを受ければいいかを自分で判断できること。「堅調なアメリカ経済に可能性を感じるから、米国不動産投資のセミナーを受けよう」「投資対効果を詳細に検討したいから、税務に関するセミナーを受けよう」という風に、今の自分に必要な情報を的確に判断できるなら、特化型セミナーも十分身になる段階にあると言えます。

 

セミナー受講にもセカンドオピニオンが重要?

さて次に、セミナーにおける正しい、あるいは有益な情報を精査する方法をご紹介します。

そもそも、セミナー講師は担当テーマについて話慣れているため、すべての発言が正しいように聞こえがちです。しかし、講師は必ずしも真実だけを話すとは限りません。自社の投資商品を良く言ったり、有料セミナーに誘導するためにあたかも美味しい話をしたりする場合もあるのです。そうした企みはなくとも、単純に知識不足な講師も存在します。

だからこそ、受講者側が正しい情報を見抜く必要があるのです。そのためには少し手間と費用がかかりますが、同じテーマの異なるセミナーを複数回受講するのがおすすめです。こうした手法は読書家の間ではよく知られる手法でもあり、とあるコンサルティングファームでは「知らないテーマでクライアントと渡り合えるようになるには、本屋の棚ごと買えばいい」とも言われているそうです。

同じテーマで異なるセミナーを比較することで、複数の講師が共通して話すことは正しい可能性が高い一方、一人の講師だけが話したり、各講師の意見が真っ向から対立していたりする場合は内容を精査する必要があることがわかるでしょう。比較対象があることで、講師が自分の都合のいい結論に誘導しようとしているかどうか、見抜くことができるようになるはずです。

 

有料だから、予約困難だから、正しいとは限らない

最後に、心理的な側面からも考えてみます。

セミナーの良し悪しを判断する際に気をつけたいのが、「サンクコスト効果」と呼ばれるもの。日本語では「埋没費用」と呼ばれています。人間は、あるモノを手に入れるために払った対価が大きいほど、そのモノや情報に価値があると思い込んでしまう傾向がある、というものです。

例えば、長時間並んだラーメン屋は、(味はどうあれ)美味しいと感じてしまうように「受講費用が高いから、この講師の言うことはきっと正しいはず」「受講人数制限が厳しいから、希少な情報なのだろう」という気持ちを抱いたとしたら、それはサンクコストによって正しく判断できていない可能性が高いのです。

セミナーを受講するまでにかかったお金や時間、手間と、そのセミナーで得られる情報の真偽は無関係だということを肝に銘じる必要があります。

これはもちろん、無料セミナーや予約が簡単なセミナーのほうが正しいという主張ではありません。受講コストのことはいったん傍に置いて、情報そのものをフラットに吟味する必要があるということです。良いセミナーに出会うにはそれなりに手間がかかるものではありますが、不動産投資は大きな金額を投資するものであるので、時間と費用の許す限り、セミナー選びにもこだわることをおすすめします。




オープンハウスグループでは東京・名古屋・大阪で、またオンラインで様々なセミナーを開催しております。
・ハワイ不動産
・アメリカ不動産
・国税OB税理士が語るセミナー
・法人の減価償却としてのアメリカ不動産など随時開催しております。
など随時開催しております。
日程・詳細はこちらから

関連記事

オープンハウスはなぜ“米国”不動産に取り組むのか(その1)

なぜ、こんなにも多くのお客様にご支持を頂いているのか(その1)

※この記事は、掲載日時点の情報を基に作成しています。最新状況につきましては、スタッフまでお問い合わせください。

アメリカ不動産の
「不動産投資ガイドブック」
を無料プレゼント

アメリカ不動産投資の
“メリットを詳しく解説”

無料プレゼント!

  • なぜアメリカ投資市場スケールとパワーが段違いなのか?
  • 賃料収入、価格上昇、税メリットによる投資効果が期待できるのはなぜ?
  • 契約・管理・売却まで日本にいながらラクラク運用できるその理由とは?

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

みなさまのご要望に合わせ、お選びくださいませ。

もっと見る