富裕層のためのウェブマガジン

Powerd by OPEN HOUSE

海外不動産Insights

多くのビジネスパーソンに新たな気づきを与える、
海外不動産の最新情報をお届けします。

Facebook Twitter

全米都市群の成長率 ~そこから見えるテキサス州のポテンシャル~


Highlights

  • 日本人に馴染みの薄いアメリカの諸都市の中にも、成長性が非常に高い都市があり、都市ごとで特性が大きく異なっている
  • ダラス・フォートワースMSAの人口の成長率は17.3%あり、全米平均の3倍の成長率を誇っている
  • アメリカ国内で急成長している「市」のランキングには、ベスト15にテキサス州の「市」が7市もランクインしている

全米に384あるMSA、やはり1番はニューヨーク

アメリカ合衆国には、行政管理予算局(United States Office of Management and Budget、OMB)が指定するMSA(metropolitan statistical areas)が存在します。MSAは一つの経済的・文化的・地理的に一体とみなすべき人口50,000人以上の都市圏。広大な国土に散らばる都市群をざっくりまとめた単位と考えればよいでしょう。

このMSAの人口ランキングを図表①に掲げました。第1位は世界のだれもが知るニューヨークに加えてハドソン川の対岸に広がるニューアークを併せたニューヨーク・ニューアークMSAです。ニューヨーク州とニュージャージー州にまたがっているという点で、東京23区に多摩川の対岸に広がる川崎市を併せて一つの都市地区とみなしたというイメージでしょうか。このニューヨーク・ニューアークMSAの2018年推計人口は1,997万人でMSAの中でもダントツの人口を抱えています。

人口第3位のシカゴ都市圏で東京程度

第2位は西海岸のロサンゼルス・ロングビーチ・アナハイムMSAです。Greater LAとでも言えばいいでしょうか。ロサンゼルスを広域に捉えたエリアということになります。その人口は1,329万人(2018年推計)。これも間違いのない大都市ということができるでしょう。ついで、第3位がシカゴ・ネイパービル・エルジンMSA。つまり、日本人もよく知るシカゴです。「シカゴ・サウスランド」という別名があるように、シカゴが発展するとともに南側に広がっていった結果生み出された周辺都市部を含む「拡大的シカゴ」がシカゴ・ネイパービル・エルジンMSAです。シカゴMSAの人口は949万人(2018年推計)。これを日本で見ると、927万人の人口を擁する東京都程度ということになります。

図表①:MSA(metropolitan statistical areas)の人口ランキング005-2

日本人には馴染みのない4位以下の都市

ニューヨーク、ロサンゼルスと言えば、日本人にとって大変馴染みのある都市といえるでしょう。試みに、日本人在留者が多い順にアメリカの都市を見てみると、1位:ロサンゼルス、2位:ニューヨーク、3位:サンフランシスコ、4位:ホノルル、5位:サンノゼと続きます(出所:外務省「海外在留邦人数調査統計」2019年版)。6位にようやくシカゴが登場しますが、そのあとはオークランドとなり、結局サンフランシスコ、サンノゼと同様カリフォルニア州北部のベイエリアということになります。

つまり、日本人に馴染みがあるかどうかという観点では、MSAの上位10都市の中で4位以下にランクされる諸都市よりもサンフランシスコやシリコンバレーのほうがはるかになじみ深いということになりそうです。また、当然ながらハワイは日本人にとって極めてメジャーな観光地であり、もっともなじみ深い地域ということになるでしょう。

馴染みがないゆえに知られていないポテンシャル

このように日本人が認識する(馴染みのある)アメリカの諸都市と、実際の各都市が持つ活力やアメリカ国内での位置付けには相当のズレがあるとみてよさそうです。

MSA人口ランク第4位に位置するテキサス州ダラス・フォートワース・アーリントンMSA。図表①で示した通り、753万人(2018年推計)もの人口を擁する大都市圏です。このダラス・フォートワース・アーリントンMSAには13のカウンティ(郡)があり、更に200を超えるシティ(市)やタウン(町)が存在します。

そして、その面積は24,059 平方km。東京都全体の面積が2,188 平方km(関東1都6県で32,420 平方km)ですから、ダラス・フォートワース都市圏だけで東京都の10倍以上の広さを有します。まさに日本のスケールではちょっと考えにくい広大さと言えます。

さらに注目すべきは、その成長力です。図表①にある人口増加率をみれば、それはまさに目を見張るものがあります。過去8年間の人口増加率はなんと17.33%(2010年から2018年までの8年間での増加率)。これもまた人口が減少し続ける日本から見ると驚くべき水準と言えます。

最大の要因は自然増

さて、全米の総人口は3億2716万人(2018年推計)であり2010年から2018年までの成長率は6%程度です(いずれもアメリカ合衆国国勢調査局の統計値)。ところが、ダラス・フォートワースMSAはそれを大幅に超える17.33%。つまり全米平均の3倍の成長率ということになりますが、なぜこんなにも人口が増加しているのでしょうか?

人口減少が当たり前となった日本で生きているとおよそ信じられないことですが、ダラス・フォートワースの人口増加の最大要因は「自然増」です。つまり出生数の多さによって人口が増加しているということ。日本の感覚からすると移民の国である米国なのだから「移民が多いのでは?」と考えがちですが、それを上回る出生数があるということです。

ちなみに、ダラス・フォートワース地区に次いで人口増加が多かったフェニックス・メサ・スコッツデールMSA(図表①ではランク外ですが、人口ランクは第11位)の増加理由の第1位は「移民」だそうです。同地区はアリゾナ州でありメキシコ国境から近いということがあるのかもしれません。

図表②:最も急速に成長する「市」ランキング005-3

急成長ベスト15にテキサス州だけが7市もランクイン

さて、もうひとつ、アメリカ合衆国国勢調査局の統計からデータを拾いました。出所はまさに国勢調査局。図表②にあるように最も急速に成長する「市」ランキングにおいてテキサス州の「市」が7市もランクインしています。

他の市がいずれも各州に散らばっているのに対して、テキサス州だけが7つもの「市」をランクインさせているという、まさに成長を独り占めするような状態になっていることも注目に値します。

やがて、これらの「市」がどのような活力を示しているかレポートします。

アメリカ不動産投資について

オープンハウスでは、アメリカ不動産の購入から運用、売却までの全てをワンストップでご提供しております。
無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお申込みください。

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。