1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー

メールマガジン バックナンバー

オープンハウス アメリカ不動産 無料メールマガジン

アメリカ不動産に関する様々な情報を
メールマガジンにてお届けします。

すべて無料で、限定情報多数!
是非お気軽にご登録ください。

無料メルマガ 3大特典

  • ■オープンハウス独自の最新物件情報をお届けします
  • ■WEBには公開していない限定情報も多数掲載
  • ■米国不動産に関する様々な情報をコラム形式でお伝えします

過去配信したメルマガを公開中!
バックナンバー

最新号

> 大きく表示

2018/04/16

■第229回:“ミドル・クラス”って何?■ 

—————————————————————————————————————————————

■㈱オープンハウス【東証一部上場】による米国不動産購入メルマガ■

“小遣い制の元エリート商社マンが、米国不動産で自分を養えるようになる迄”

■第229回:“ミドル・クラス”って何?■

—————————————————————————————————————————————

お客様各位、

 

㈱オープンハウスのTAKAです。

オープンハウスが戸建ての仕入を行う際、競合する相手とは?

 

続きは、「本日のつぶやき」にて。

————————————————————————————————————————————–

■本日のつぶやき【NEW】

現在、オープンハウスは、

お客様ご紹介用に米国不動産(主に戸建住宅、一部集合住宅)を

月に何十棟も仕入れています。

仕入というのは、購入し、自社の保有とするということです。

 

何十棟というのは、自社ながら凄い数だと思いますが、

競合がいないわけではありません。

 

実は、現地で居住用として戸建住宅に住みたいと考える、

いわゆる“ミドル・クラス”、つまり、“中産階級”と

購入を争っているわけですね。

 

では、どのような層を、

米国ではミドル・クラスというのでしょうか。

 

米政府による定義は以下のようです。

 

1)自宅を保有していること

⇒ 一般に、賃貸から持家になることはステップアップを意味しますし、

既に持家を持っている方は、さらにグレードの高い持家を求める

ことになります。

 

2)自動車を保有していること

⇒ まぁ、これはエリアによっては生活必需品なので、

質にこだわらなければハードルは高くありません。

 

3)子供の大学教育

⇒ 日本以上に教育格差の現実が存在する米国なので、子供に大学教育の

チャンスを提供できるかどうかが、1つのステータスになります。

 

4)老後の保証

⇒ ここまで要件にされると少し大変な気もしますが、

政府は定義の1つに入れているようです。

 

5)医療保険加入

⇒ 日本と比べれば、少しハードルが高いですね。

 

6)休暇

⇒ これはイメージしやすいですね。家族連れで長い休暇(バケーション)を

堪能するにはそれなりの可処分所得が必要となります。

 

等々、考えてみれば、わかりやすい定義です。

 

オープンハウスが戸建住宅の仕入をしている

ダラス(テキサス州)やコロンバス(オハイオ州)で

どのような層がミドル・クラスになるかといえば、

上記1)~6)の条件の全て、あるいは多くを満たせる

世帯年収1,000万円~1,500万円という方々に

なるわけですね。

 

オープンハウスは彼らとの競争に勝って物件の仕入を行いますが、

オープンハウスから米国不動産を購入した投資家の皆さまが

将来売却先として想定するのも、必然、

こうした現地のミドル・クラスになるわけです。

 

不動産取引を行う上で大事な需給の考え方ですが、

まずは需要、その中でも安定的な“実需(実際に住みたいという需要)”

があるエリア、つまり将来の売却先確保に困らないエリアに

オープンハウスは注力しているのです。

 

本日は、以上です。

——————————————————————————————————————–

※「本日のつぶやき」は、著者の個人的な意見に基づいて記載されています。

尚、各数字は、公的機関・第三者機関等が発表するものを、
お客様がイメージを掴みやすいよう概数にしておりますことをご了承ください。

——————————————————————————————————————–

“東京に、家を持とう。”のCMでお馴染みの㈱オープンハウスが米国不動産事業に進出!!

“アメリカに、家を持とう。”
https://wm.openhouse-group.com/

㈱オープンハウスグループの紹介
http://openhouse-group.com/

 

————————————————————————————————————————————-

2017年9月5日、「オープンハウス 銀座サロン」グランドオープン。

「GINZA SIX」で営業活動を行っています!

http://openhouse-group.com/
————————————————————————————————————————————-

2017年9月1日、米国不動産投資本を発売!!

タイトル:『戦略的アメリカ不動産投資』

http://markezine.jp/release/detail/786376

―――――――――― コンテンツ ――――――――――
★データ分析で判明!割安地域オハイオを狙え
★家賃収入を毎年3%上げるテクニック
★担保は現地物件!最新の融資スキームとは
★日米の税制を踏まえたタックスプランニング・・・・・・

 

著者:井上 由美子(いのうえ ゆみこ)

㈱オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部

出版社:幻冬舎

————————————————————————————————————————————-

本メルマガは、セミナー情報やその他米国不動産事情を中心に、

ご参考となる情報を日刊(不定期)配信するものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

㈱オープンハウスは、米国不動産購入に関する
以下のような疑問に対応させていただきます。

疑問①「どの物件を購入していいかわからない」

→ 具体的な物件をご紹介し、

投資効果やタックスコントロールの

イメージにつきご提案が可能です。

疑問②「ローンを組むことはできるの?」

→ 米国不動産購入は、

ローンが最大のハードルです。

㈱オープンハウスは、自社グループ内に

貸金業免許保有会社があり、

融資に関する相談が可能です。

疑問③「物件を買った後の管理はどうすればいいの?」

→ ㈱オープンハウスが、米国現地の

管理会社と提携し、日常管理を行います。

その他、毎月の送金レポートや

確定申告等についても、日本語でサポートします。

疑問④「将来、物件売却する際は、誰に相談すればいい?」

→ ㈱オープンハウスがお手伝いします。

ご売却先は、必ずしも日本の方とは限りません。

米国の方でも「買いたい!」と思える管理を

行うのがポリシーです。

 

㈱オープンハウスでは、物件のご購入から将来のご売却まで、
トータルサポートすることが可能です!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新着物件情報については、要望多数につき、個別にお届けする形としております。

詳細はお問い合わせください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■㈱オープンハウスが行う不動産セミナー

㈱オープンハウスでは、米国不動産投資の概要を知っていただくためのセミナーを

予定しております。

 

お気軽にお申し込み下さい。

直近の開催は下記になります。

—————————————————————————————————————————————

①【米国不動産投資セミナー Ⅰ】

日時:4月19日(木)19時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

料金:無料

内容:米国不動産投資のメリット、日本における不動産投資との比較、
その他、タックスコントロールの方法など、基礎からご紹介。
セミナー後は、個別相談も承ります。

 

②【米国不動産投資セミナー Ⅱ】

日時:4月21日(土)15時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

その他、「料金」、「内容」は、①と同様です。

 

③【米国不動産投資セミナー Ⅲ】

日時:4月25日(水)19時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

その他、「料金」、「内容」は、①と同様です。

 

④【米国不動産投資セミナー Ⅳ】

日時:4月27日(金)19時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

その他、「料金」、「内容」は、①と同様です。

 

⑤【米国不動産投資セミナー Ⅴ】【NEW】

日時:4月30日(月・祝)15時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

その他、「料金」、「内容」は、①と同様です。

 

⑥【米国不動産投資セミナー Ⅵ】【NEW】

日時:5月10日(木)19時00分~

場所:東京・銀座会場

GINZA SIX 11階「OPEN HOUSE GINZA SALON」

その他、「料金」、「内容」は、①と同様です。

 

※尚、先着順とさせていただいており、定員となり次第、

締め切りとさせていただく旨、ご了承ください。

 

セミナーへの参加希望の場合は、本メールに対してご希望の参加回を記載の上

ご返信いただくか、弊社米国不動産事業ホームページよりお申込みください。

㈱オープンハウス 米国不動産事業ホームページ
https://wm.openhouse-group.com/

その他、米国不動産についてご質問がございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせ先
03-6263-9681
受付時間:9:30~19:00

———————————————————————————————————————————-
■直近のセミナー情報
https://wm.openhouse-group.com/

■弊社関連ホームページ。
-㈱オープンハウスグループのご紹介

http://openhouse-group.com/

-不動産仲介事業のご紹介

https://oh.openhouse-group.com/

-不動産販売事業のご紹介
http://www.ohd.co.jp/

-建設請負事業のご紹介
https://oha.openhouse-group.com/

-収益不動産事業のご紹介
http://www.ohrem.co.jp/

-不動産金融事業のご紹介(米国不動産投資に関する融資のご相談も承ります)
http://www.i-b-net.co.jp/

 

■ 「御器所営業センター」開設のお知らせ

http://openhouse-group.com/ir/upload_file/tdnrelease/3288_20180404404722_P01_.pdf

 

■「オープンレジデンシア」シリーズ4物件 同時販売開始

http://openhouse-group.com/ir/upload_file/tdnrelease/3288_20180223477100_P01_.pdf

 

■「オープンレジデンシア駒沢」販売開始のお知らせ

http://openhouse-group.com/ir/upload_file/tdnrelease/3288_20180216473578_P01_.pdf

 

■「オープンレジデンシア王子」販売開始のお知らせ

http://openhouse-group.com/ir/upload_file/tdnrelease/3288_20180208467176_P01_.pdf

 

■随時、人材を募集しています。
https://oh.openhouse-group.com/recruit/

■弊社のFacebookページです。

https://ja-jp.facebook.com/openhouse.gr/

■㈱オープンハウスへのご質問はこちらから
(スタッフにて確認後、回答させていただきます)
wsmm@openhouse-group.com

———————————————————————————————————————————
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
———————————————————————————————————————————

■弊社の企業理念

オープンハウスグループは、「お客様が求める住まい」を愚直に追求し続けます。

オープンハウスグループは、やる気のある人を広く受け入れ、結果に報いる組織を作ります。

オープンハウスグループは、業績をあげ規模を拡大し、
社会に必要とされる不動産会社となります。

———————————————————————————————————————————

ご感想、ご質問を頂けると幸いです。
wsmm@openhouse-group.com

———————————————————————————————————————————

■メルマガ発行者情報 :㈱オープンハウス
http://openhouse-group.com/

■宅地建物取引業免許
国土交通大臣(3)第7349号

㈱オープンハウス
ウェルス・マネジメント事業部

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11階

お問い合わせ先
03-6263-9681
受付時間:9:30~19:00

■お問い合わせ感想
wsmm@openhouse-group.com

■直近のセミナー情報
https://wm.openhouse-group.com/

■メールの送信停止を希望される場合
→ お手数ではございますが、返信にて「不要」とご連絡ください。

過去のメルマガ

お電話でのお問い合わせ

03-6263-9681

受付時間: 9:30~19:00

インターネットでのお問い合わせ

メールフォームはこちら