アメリカ不動産No.1 年間取引数・取扱高 累計販売棟数2,000棟突破!

東証プライム 上場企業 株式会社オープンハウスがアメリカ不動産投資を使った新しい資産形成術を無料公開! 東証プライム 上場企業 株式会社オープンハウスがアメリカ不動産投資を使った新しい資産形成術を無料公開!

アメリカ不動産No.1 年間取引数・取扱高 累計販売棟数2,000棟突破!
  • 高い成長性 高い成長性
  • 安定した利回り 安定した利回り
  • 活発な中古物件市場 活発な中古物件市場

まずはこちらをお受け取りください! まずはこちらをお受け取りください!

アメリカ不動産が今すぐわかる 無料ガイドブックをプレゼント アメリカ不動産が今すぐわかる 無料ガイドブックをプレゼント

無料ガイドブックの受取はこちら 無料ガイドブックの受取はこちら

お申込みはカンタン30秒で完了!

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年12月期_指定テーマ領域における競合会社

なぜアメリカ不動産投資なのか?選ばれる理由

理由01

-人口増加と群を抜く経済成長- 需要の増加が見込める

アメリカ不動産が投資先として魅力的な理由の一つは、人口増加による需要増加が見込めることにあります。
しかも20代~30代が上位を占め、これからの経済発展に貢献する理想的な人口構成です。

理由02

-不動産価格は5年で平均20%上昇- 売却益の期待値が高い

過去35年の米国の不動産価格の上昇率は約3.1倍の上昇率となっており、売却する際もキャピタルゲインが期待できます。
[指標の基準]アメリカ:2000年1月の全米の住宅価格100とした指数
日本:2000年1月の首都中古マンション価格を100とした指数
※S&P Dow Jones Indies[Case-Shiler U.S National Home Price Index] 及び一般財団法人 日本不動産研究所[住宅価格指数]より(2018年8月現在)

不動産情報の透明性が確保されているアメリカでは、物件の安全性が担保されています。

※出典:ジョーンズラングラサール グローバル不動産透明度インデックス2016年版

不動産情報の透明性が確保されているアメリカでは、物件の安全性が担保されています。

※出典:ジョーンズラングラサール グローバル不動産透明度インデックス2016年版

理由03

-強い市場で毎月安定した家賃収入- 安定した収益が期待できる

人口が増大しており、不動産の新規供給が少ない米国では、空室のリスクを日本よりも低く抑えることができます。
また、米国では物価が上昇しており、毎年の契約更新のタイミングで賃料を上げることが一般的であるため、賃料収入の向上も期待できます。

理由04

-市場取引高の90%超を誇るシェア- 保有価値とリスク分散が可能

資産のリスクを分散しておくのは、投資の基本セオリー。
市場取引高は90%超であり、アメリカは年2%を超える成長を続けています。
※BIS[国際決済銀行]公表データより
※1.BIS[国際決済銀行]公表の為替市場通貨ペア別取引シェアデータより
(2016年の4月の月別1日当たりの平均取引高)

ガイドブック受取りの流れ

今すぐ・かんたんにWebで無料ガイドブックが受け取れます。
PDFデータなので、PCやスマホで好きなときにご覧いただけます。

当サイトで 必要情報のご入力。たった30秒! → PDFデータのダウンロード → 完了 当サイトで 必要情報のご入力。たった30秒! → PDFデータのダウンロード → 完了
無料ガイドブックを受取る

アメリカ不動産でNo.1を獲得 年間取引数No.1 取引高No.1 アメリカ不動産でNo.1を獲得 年間取引数No.1 取引高No.1

東証プライム上場企業とそのグループ会社が総力を集め、
アメリカ不動産投資サービスを「ワンストップ」で提供いたします。
日本にいながら、全て日本語でサポート。
物件選定からご売却までワンストップでご提供し、
お客様の不安・課題・困難に寄り添い、解決して参ります。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年12月期_指定テーマ領域における競合会社

豊富な実績があるからこそ自信をもって価値ある情報をご提供いたします。 豊富な実績があるからこそ自信をもって価値ある情報をご提供いたします。
ガイドブックのダウンロードがまだ完了していない方ご注目! ガイドブックのダウンロードが まだ完了していない方ご注目!

ビッグデータを解析して判明した 今、狙うべき お宝地図 を公開中!!! ビッグデータを解析して判明した 今、狙うべき お宝地図 を公開中!!!

無料ガイドブックでお宝地域を確認する

お申込みはカンタン30秒で完了! お申込みはカンタン30秒で完了!

すでにアメリカ不動産投資を実践中! オーナー様の声

広告関連企業グループ経営者 T.I.様(56歳)
2019年購入

長期的な安定性に、圧倒的な市場シェア

広告関連企業グループ経営者 T.I.様(56歳)
2019年購入

アメリカ不動産の投資の魅力を挙げると3つあります。
1つめが20年30年という長期的な目線で見れば、やはりアメリカ経済は順調に発展していくだろうということです。
長期的な安定性は投資をする上で大きな魅力ですね。
2つめが、市場の大きさです。短期的にはアジアの不動産も成長が期待できますが、売却のことを考えると、やはり大きなマーケットを持つアメリカが優位です。
そして3つめが為替リスクですね。ドルはやはり長期的に安定しているので、安心です。

米国税理士 渡邉聡美様(44歳)
2020年購入

マイナスの話はほとんど聞きませんね

米国税理士 渡邉聡美様(44歳)
2020年購入

ここ数年、アメリカ不動産投資に関心を持つ方は着実に増えており、私もクライアントから多くのご相談をいただいています。
日本の住宅は中古になると値が下がりますが、アメリカの場合は、むしろ値上がりするのが大きな違いで、「価格が下がってしまった」「なかなか入居者が決まらない」といったマイナスの話はほとんど聞きませんね。

無料ガイドブックを受取る
ページトップへ

営業・商談・勧誘目的でのご利用は固くお断りいたします。
お問い合わせ内容によっては、ご回答にお時間をいただく場合や、ご回答を差し上げられない場合もございます。あらかじめご了承ください。
当社からのEメールでの回答の一部または全部を、当社の許可なく転載、二次利用することを固くお断りいたします。
ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。「@openhouse-group.com」のドメインを受信できるように設定してください。
ご入力いただいた個人情報については「個人情報保護方針」をご確認のうえ、ご同意いただける方のみ上記「申し込む」をクリックしてください。
※各種データは、将来の投資効果、傾向、数値等を保証するものではありません。