1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. ■第271回:アメリカ人のスタッフがいます■

■第271回:アメリカ人のスタッフがいます■

■第271回:アメリカ人のスタッフがいます■

■㈱オープンハウス【東証一部上場】による米国不動産購入メルマガ■

“小遣い制の元エリート商社マンが、米国不動産で自分を養えるようになる迄”

■第271回:アメリカ人のスタッフがいます■

—————————————————————————————————————————————

お客様各位、

 

㈱オープンハウスのTAKAです。

 

アメリカ人のスタッフが、我々の仲間に加わりました。

 

続きは、「本日のつぶやき」にて。

————————————————————————————————————————————–

■本日のつぶやき【NEW】

我々オープンハウスが米国不動産の販売を開始して、

早いもので1年半が経過しようとしています。

 

スタッフの人数も、約40名に迫るほどに増えました。

 

我々のように、日本人向けに米国不動産を販売している会社は、

大小問わなければ、日本国内に沢山あり、

そこで働くスタッフも、十人十色です。

 

各社、米国での居住・業務経験に長けたスタッフを抱えており、

そうした方々が、ホームページ等の広告の中で目立つケースが多くあります。

 

投資を検討する側からすると、そうしたスタッフがいることで

安心感を得られますからね。

 

我々の中にも、米国や不動産に詳しい人間は多くいますが、

普通の発想に収まらないのが、オープンハウス。

 

そこで、我々は、「米国に詳しい日本人」ではなく、

米国人をスタッフとして採用してしまいました。

 

米国現地で働くのではなく、日本の銀座のオフィスで

働くスタッフとして、米国人を雇ったのです。

 

ここでの細かな紹介は控えますが、

彼のニックネームは、“ザック”。

 

彼には今月9月から、オープンハウスの

ウェルス・マネジメント事業部で働いてもらっています。

 

昔、8年間日本に住んでいたこともあり、やたら日本語が上手!!

 

加えて、直近まで、米国現地にて不動産業に従事していたため、

米国の不動産にも詳しい。

 

まさに、“鬼に金棒”でして、

早速、大活躍してくれています。

 

実は、「アメリカ不動産投資セミナー」の講師も既に務めてくれましたし、

お客様の接客にも、引っ張りだこ状態。

 

「一度、米国人の生の声を聞いてみたい!」

という方がいらっしゃれば、

是非、銀座まで足を運んでいただき、

ザックに会いに来てもらえればと思います。

 

何せ引っ張りだこなので、オフィスにいない時間もあり、

その時はご容赦ください(笑)

 

そういえば、偶然、今日からデスクが隣になりましたので、

自身の英語力の向上のため、意識的に英語で会話するようにしていきます。

 

今後、このメルマガでもちょくちょくザック情報を織り交ぜていきますね。

 

本日は、以上です。

——————————————————————————————————————–

※「本日のつぶやき」は、著者の個人的な意見に基づいて記載されています。

尚、各数字は、公的機関・第三者機関等が発表するものを、
お客様がイメージを掴みやすいよう概数にしておりますことをご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6263-9681

受付時間: 9:30~19:00

インターネットでのお問い合わせ

メールフォームはこちら