1. HOME
  2. メールマガジン バックナンバー
  3. ■第253回:オープンハウスグループが提供する融資商品■ 

メールマガジン バックナンバー

■第253回:オープンハウスグループが提供する融資商品■ 

—————————————————————————————————————————————

■㈱オープンハウス【東証一部上場】による米国不動産購入メルマガ■

“小遣い制の元エリート商社マンが、米国不動産で自分を養えるようになる迄”

■第253回:オープンハウスグループが提供する融資商品■

—————————————————————————————————————————————

お客様各位、

 

㈱オープンハウスのTAKAです。

弊社金融子会社のホームページを刷新しました。

https://ibnet.openhouse-group.com/

 

続きは、「本日のつぶやき」にて。

————————————————————————————————————————————–

■本日のつぶやき【NEW】

オープンハウスの米国不動産投資セミナー等に

足を運んでいただいた方はご存じだと思いますが、

オープンハウスは自社グループ内に

貸金業免許を保有している会社を抱えており、

米国不動産を担保とする独自の融資商品を開発、

紹介しております。

 

この会社は、“㈱アイビーネット(以下、IBNet)”と言い、

2007年に、当社が伊藤忠商事㈱より全株式を取得した会社です。

 

以来、オープンハウスの住宅関連ローン事業を担ってきましたが、

昨年、米国不動産事業の立ち上げを期に、

さらに新しい機能を提供することとなりました。

 

昨年7月のサービス提供開始以来、

非常に多くの引き合いをいただいており、

これまでオープンハウスで

米国不動産をご購入されたお客様の内、

感覚値になりますが、

約8割の方が、IBNet提供の融資を

ご利用になっています。

その他、1割の方が、

日頃お付き合いされている金融機関、

残りの1割の方が、

現金でのご購入、

というイメージでしょうか。

 

いずれにせよ、これまでは、

馴染みがない、あるいは遠隔地にあるという理由から

物件評価・モニタリングが難しく、

融資のハードルが非常に高くなっていた

(そもそも融資をしない金融機関が多かった)

米国不動産ですが、

その意味でも、IBNetが提供する

“プラチナモーゲージ70”は、革新的な商品だと自負しています。

 

商品のポイントを3つに絞って挙げるとすれば、

 

・担保設定は購入対象の「米国不動産」のみ、であること。

・毎月の返済は「利息」のみ、であること。

・購入物件の「販売金額」の70%相当の融資が可能、であること。

 

となります。

 

尚、70%というのは原則でして、

お客様のご資産背景等によっては、

70%超の部分についてのご融資も検討させていただくことがあります。

(70%超の部分については、金利等の諸条件が変わります)

 

その他IBNetに関する詳細は、

つい先日、会社ホームページが刷新されましたので

ご覧いただければと思います。

(下記URLをご確認ください)

 

https://ibnet.openhouse-group.com/

 

本日は、以上です。

——————————————————————————————————————–

※「本日のつぶやき」は、著者の個人的な意見に基づいて記載されています。

尚、各数字は、公的機関・第三者機関等が発表するものを、
お客様がイメージを掴みやすいよう概数にしておりますことをご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6263-9681

受付時間: 9:30~19:00

インターネットでのお問い合わせ

メールフォームはこちら